犬端会議

知らない街で暮らすわたしにとって、
道端で出会った人との何気ない会話は
とても大切な時間です。

犬と一緒にいるからこそ、
見知らぬ人と会話が楽しめると「犬端会議」に感謝してます。

20180209IMG_6114.jpg

雪が降った後は、
ラバーの靴をはいてお散歩します。
雪そのものは問題ないけど、
融雪剤をまいた後の道路はわんこの足に厳しいからです。

すると
シーズーちゃんを連れたご婦人に呼び止められます。

20180209IMG_6116.jpg

その靴は脱げないの?
どこで売ってるの?
いくらするの?
など、など。

雪は問題ないけど、塩は困るわよね~。
でも、今年はまだ暖かい方だわね。
ところで、犬のヤッケはどこで買ったの?

ごくごく普通の会話だけど、
私にとってはとてもありがたい。

ところで、北海道育ちの私は子どものころ
冬の防寒着のことを「ヤッケ」って言ってたけど、
これ、ドイツ語が元だったのね。
Jacke ヤッケという発音が完全に同じ。



この日の夜は、わんこさんたちにお留守番をしてもらって
「お一人様」でミュージカルを見に行きました。

Volksoper

20180209IMG_6119.jpg

気軽にオペレッタやバレエなども楽しめる感じの劇場です。

20180209IMG_6121.jpg

The Sound of Music

20180209IMG_6123.jpg

オーストリアではThe Sound of Music は
日本ほど人気がないと聞いたことがありますけど。
真偽のほどはわかりません。



20180209IMG_6128.jpg

舞台の最後に会場のみんなでエーデルワイスを合唱。
これはオーストリア独特?
ほかの国でもこの演目はそうなのかしら?

この劇場、時々 電車の音がごぉーーーと中まで聞こえるのが
ちょっとびっくりしました。


それにしても、
女性一人でも気軽に地下鉄や電車で夜にお出かけできるというのも、
ウィーンの大きな魅力のひとつですね。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

ゆきのひ ゆかいな ゆきあそび?

ひゃっほー!
久しぶりに雪だよ!!

遊ぼ!
犬は喜び♪だよね!

20180207IMG_6097.png

楽しいねっ!!

IMG_6098.png

さぁ、どんどん投げるよぉ・・・・?

あれ?

20180207IMG_6088.jpg

ぼく、あんよが冷たい・・・

え~っ?

20180207IMG_6094.jpg

あたし、ここにいるわ。ここに投げて。

ちょっとぉ・・・いくらシニアわんこだからって・・・ねぇ、
シニアな飼い主がはしゃいでるのに・・・

20180207IMG_6095.jpg

ぼく、お家に帰る!

え~!??
勝手に帰るとかアリ???

おーい!!遊んでおくれよぉ。
何だよぉ。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


犬と列車の旅をするヒント



オーストリアの鉄道会社の記事です。
犬連れで列車で旅行する時に「犬が快適に過ごせる」ためのアイデアを書いてます。

Tipps für eine entspannte Bahnfahrt mit Hund

a20180201S_7406340009015.jpg


人間のためではなく犬のための記事で感激しました。

内容はお気に入りの毛布を持ちましょうとか、
ストレス軽減のためにたくさん抱っこしてあげましょうとか。

そして、オフシーズンの旅行なら、犬にとって最適な席が選べますと。
通路に座らせると周りがよく見渡せて犬が安心するとか、
窓側なら通行する人を気にしなくていいとか。

列車を降りたらたくさん遊んであげましょうなど。

犬飼いを代表して、
ありがとう!オーストリア鉄道といいたい!!


この記事に書いてあることははすべて「犬のため」であって、
「飼い主のため」や「その他の乗客のため」ではありません。


私は犬を連れて公共機関に乗るときに
「周りの人が犬を嫌だと思っていないか」
「犬の毛が床に落ちないか」
「鼻ぴぃぴぃがうるさくないか」
そんなことしか考えていなかったです。

何ていうか・・・こう、次元の違いを感じてしまいました。


もちろん、オーストリアの人たちが犬をきちんと躾けしているということもあるでしょうが、
(これ、すごく個人差あります。)
それ以上に犬を飼っていない方々の「寛容さ」に敬服します。



ザンクト・ヴォルフガング発のシャーフベルク登山鉄道(2017.6月)

20180201wolfIMG_2976ab.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村





エルダーフラワーティー

去年の春先、花粉症がひどくなったけど、
日本から買ってきていた市販薬がどうも体にあわなかった・・・・。

で、この春に向けての対策ということで、
遅ればせながら、日本でもよく売れているらしい(?)
「エルダーフラワー」のお茶を買ってみた。


20180129IMG_5962.jpg

良薬は口に苦しかと思ったけど・・・

20180129IMG_5963.jpg

なかなか美味しい。
これなら続けられるかも・・・。
コツコツ毎日・・・っていうのが苦手なのよね~。



ところで、
最近、みつけてお気にいりのカフェ。

Budapest Bistro

BUDAPEST BISTRO
1050 Vienna, Pilgramgasse 10
budapestbistro10@gmail.com
0043 699 1714 8736


ブダペストではなくてウィーンにあるんだけどね。
店内はそんなに広くないけど。

20180129IMG_5964.jpg

モーニングセット。これが上質で美味しいです。

20180129IMG_5965.jpg

しかも、
Breakfast is available from 08:00 to 20:00 throughout the day
と書いてあります。
朝ごはんの定義がよくわかりません。(笑)
オーストリアのカフェではよくあります。

20180129IMG_5966.jpg

カフェの外観はいたって普通。


ウィーンには老舗カフェで有名店がたくさんあるけど、
そうじゃなくても、とても居心地がいいカフェがあちこちに。
自分の家の部屋みたいな感じでみなさん寛いでいます。



うん。わかってますよ。

次回はちーずも一緒に行きましょうね。

20180129IMG_5939.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村



パンダ好きにはおすすめのシェーンブルン動物園

白黒の熊ってだけなのに・・・
やっぱりかわいいパンダちゃん。

シェーンブルン動物園では、パンダがこんな近くに!

20180126IMG_5818.jpg



この日はちょっと雪が降ったけど・・・

20180126IMG_4719.jpg

なんとお外でお昼寝してるパンダさんも!!!

日本のパンダさん事情は詳しくわからないけど、
もっと過保護にしてるよね?多分・・・。

オフシーズンとはいえ、動物園は本当に閑散としていて、
ずっとパンダさんを独り占め(笑)

20180126Image_89cef35.jpg

たまに、子どもたちがパンダエリアに入ってきた時に
特定席を譲って、彼らが出て行ったら、またかぶりつきでパンダ三昧。

もちろんコアラさんも至近距離から。

20180126IMG_5834.jpg

カフェで一休み。
カフェもまるっきりお客さんがいないので、
フランツ1世とマリアテレジアの特定席に座ることができました。

20180126IMG_4729.jpg

シェーンブルン動物園のカフェの特等席とは

かなりヘビーなおやつをいただいてしまった。

20180126IMG_5810.jpg

2年間で4回もオーストリアに来てくれている娘。
シェーンブルン動物園まで来て、本丸の宮殿に行かないというのも
何なんで・・・宮殿のお部屋も見学。

20180126IMG_4713.jpg

宮殿内部は撮影禁止のため写真はありません。

やっぱり、パンダかわいいなあぁ。
動物園の年間パスポート買うべきだったなぁ・・・




にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村