ついに会えた!マトリョシカちゃん!

リンツから車で小一時間のグムンデンへ。
困ったときの湖とばかりにもう何度も来ていますが・・・・

しかし・・・美しい。

DSC02535a.jpg

深く透明なトラウン湖


DSC02529a.jpg

湖畔をふらふら歩いて・・・

オルト城へ。

DSC02543a.jpg

途中でちょっとクールダウン。
本格的に湖水浴の季節になると、
わんこは湖に入れないというところが多いので、
ここはちょっと貴重。


DSC02537.jpg

グムンデンの街並みもとてもかわいい。


DSC02551a.jpg

あれ?ちょっと待ってくださいよ!
アンティーク蚤の市!やってる!
しかもレベル高い!!!!!

久しぶりにスイッチが入った私は、わんこをオットに任せて・・・

IMG_2740a.jpg

DSC02548a.jpg

きゃーーー掘り出し物がありそう!!

DSC02549a.jpg

すっごく物がいい!!

DSC02550a.jpg

ウィーンの蚤の市はもう何度も行って、
毎回がっかりしているし、先日のブダペストも今ひとつ・・
もちろん、リンツの骨董市も毎回チェックはしてる・・・

しかし!!!ここはすごいですよ。

で・・・あったの。
マトリョシカちゃん。
今までだって何十個見たかわからない。
でも、あきらかに今までとは違う!!

お店でマトリョシカちゃんを抱きしめたまま、
オットに
「いくらくらいだと思う?」と聞く。
「30ユーロくらい?」とオット。
こういうとき、日本語だと便利。お店の人に聞かれてもOK。

何言ってんの?ダーリン。そんな安いわけないよ。
私は100でも買うからねと心の中で叫ぶ。(笑)

そもそも長い付き合いのオットは、もうこうなると
絶対に私が買うのは知っているので、
どーでもいいですよ~なあきらめの境地だと思う。
ああ、またガラクタが増えるなぁって。

で、で、・・・40ユーロ!!だった!!
う、うれしい!!!
買います。買います。買います。

IMG_2749a.jpg

お腹のところにロシアの物語が描かれています。

いやぁ、うっとりするわ。
無欲の勝利だったな。意味不明( ^ω^)・・・


やっぱり夏はいいなぁ。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

わんこと行くブダペストその2

ブダペストの街歩きの続きです。

再び、セーチェニーくさり橋。正面から。

budaDSC02451a_201706182319124db.jpg

聖シュテファン大聖堂へ続く道

budaDSC02460a.jpg


budaDSC02461a.jpg



国立歌劇場

budaDSC02519a.jpg


犬をホテルに置いて、オペラ見ようかとも思って・・・
一応、ちゃんとした服と靴を持っていったけど・・・
やっぱり留守番させれなかった・・・わんこ一番、観光2番だもんね。
でも、この日の出し物がバレエだったら・・・留守番させたかも(笑)

ブダペスト中央市場

ジョルナイという陶磁器ブランドのタイルで装飾されているとか。
美しいわ。

budaDSC02503.jpg

やっぱり旅の一番の楽しみは市場。
鶏肉屋って?日本人向け?中国人向け?

budaDSC02496a.jpg

マトリョシカちゃんを買おうと思ってるんだけど・・・
なかなか気に入ったものに出会えない。

budaDSC02488a.jpg



budaDSC02486a.jpg

市場の建物がとにかく情緒があります。

budaDSC02484a.jpg

そして、今回の旅で、私が一番面白かったのが
シナゴーグの内部の見学。


budaIMG_2483a.jpg

男性は帽子をかぶらなくてはいけません。受付で紙のキッパを渡されます。

budaIMG_2475a.jpg

説明をしてくださったのはまだ若いブダペストに住むユダヤ人の方でした。
ナチス時代に虐殺された膨大なユダヤ人の話など、
胸に迫る話が多かったです。


budaIMG_2479a.jpg

トーラー(モーセ五書)
旧約聖書をより近くに感じますね。

budaIMG_2485a.jpg


ニューヨークカフェ。
歴史的なカフェ。
1894年オープン当初は世界一豪華って言われたそうです。

budaDSC02513a.jpg

ひたすら豪華です。観光客しかいないかも。

budaDSC02508a.jpg

budaDSC02511.jpg

さて、三日目は、はずせないでしょ、蚤の市ってことで
エチェリという常設のアンティークショップと言うか、がらくた市というか・・
中欧や東欧のホーロー製品がお目当てだったんだけど、
あまりいいものには出会わなかったな。

でも、犬が大好きって人々にたくさん出会いました。
断っても断っても犬に食べ物をあげようとするおじさんや(笑)
犬と一緒に写真撮りたいという人やら・・・

そして、大きくなったら犬を飼うんだっていう男の子。

お顔を見せれないのが残念でしかたないのですが、
もう、もう、もう、天使のようにかわいい!
犬と子どもの写真って無敵ですね。


budaIMG_2579 (1)a

「まぁ、リード持ってもいいけどね」的なオレオ。

budaIMG_2578a.jpg

ブダペストは本当に魅惑的な建物がたくさんあって、
見るべきところがいっぱいだでした。

でも、空気が良くて、治安がとてもいい田舎のリンツに1年も住んでいると、
「人混み」や「空気の悪さ」に耐えられなくなってるらしく、
何だか息苦しくなりました。

外に出て、リンツの良さを再認識したかな。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


わんこと行くブダペストその1

5月の後半にブダペストへ行ってました。

何でも「ホテルブダペスト」という映画を見て以来、
オットはブダペストに憧れがあったそうです。

着いた日に夜景を見にいきました。
犬連れ旅故に普段はあまり夜は出歩かないです。

セーチェーニ鎖橋付近の夜景

budaDSC02379a.jpg

budaDSC02377a.jpg

budaDSC02373.jpg

budaDSC02382a.jpg

ブダペストには美しい歴史的な建物がたくさん残っています。

市内の美しい建物を見て回るのは
人間には興味深くても、わんこにはつまらないものでしょうね。

それでも、旅慣れてきたわんこたちはホテルでも
とてもおりこうさんでした。(よしよし)


budaIMG_2569a.jpg
つるつるの床はちょっと苦手


budaIMG_2457a.jpg


さて、2日目は王宮の丘へケーブルカーで登りました。
ケーブルカーの中でちょっとドキドキしているおふたり。

butaDSC02402a.jpg


マーチャーシュ教会

budaDSC02447a.jpg


budaDSC02426a.jpg


budaDSC02430a.jpg


いつものように教会の中へは、オットと交代で・・・



budaDSC02440a.jpg

待つ犬。
ブダペストではとてもたくさんのわんこに出会いました。
出会った人々もとっても犬好きで、気軽に話かけてくれます。


漁夫の砦
とても優雅で美しいです。

budaDSC02446a.jpg

王宮の丘から見る国会議事堂

budaDSC02443a.jpg

budaDSC02414a.jpg

晩御飯は伝統的なハンガリー料理を。
グーラッシュ。オーストリアで食べるよりさらっとした感じで
チリを入れて食べる感じでした。
かなり好きな味でした。

budaIMG_2473a.jpg

カモのローストのいちごソースかけ。
そうですね。個人的には肉に甘いソースはやはりちょっと・・・。

budaIMG_2474a.jpg

2泊3日のブダペストの旅続きます。
実は旅行へ行ってから半月以上がすぎてしまい、あまりよく覚えていないのです。
しかも、「地球の歩き方」も途中でなくしてしまいまして・・・
建物の名前など間違っているかもです。🙇
やれやれ。年のせいですかね。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


野生のハリネズミさん

アパートの隣の博物館のお庭。
一日に二回は行くから、もう我が家の庭的な・・・(笑)

IMG_1858a.jpg

そこで、今朝 出会っちゃいました!♡♡♡

IMG_2419a.jpg

きゃーきゃーきゃー!
野生のハリネズミの夫婦(と勝手に断言する)!
寄り添ってる!!ハリネズミさんが寄り添ってる!
痛くないの?

お犬さん達は、オットに遠くへ連れていってもらって、
私はひたすら…観察。
まったく動かない!!

触りたい!いや、だめだ!触りたい・・・と
しばし葛藤したけど、やっぱり触っちゃだめだよね。

何枚か写真を撮ってたら・・・

顔を隠しちゃいました。
かわいい!かわいい!

IMG_2421a.jpg

邪魔してごめんね。
でも、君たちはさ、夜行性なんじゃないのかな?
もう、すっかり朝だからね、気を付けてくださいよ。



IMG_2349a.jpg
ぼく達は、ハリネズミ見せてもらえなかったよ。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

4.55ショック

2015年4月に日本を出たときのちーずの体重は5.2kgくらいでした。
ロンドンでの1年間はけっこう体重の増減はあったのですが、
リンツへ移動する時にはやはり5.2kgでした。

2016年、リンツでの冬の間に2回胃腸炎になってしまい
症状がおさまった後も体重が減り続けました。

12月10日 4.95↓
12月15日 4.9 ↓
12月26日 4.8 ↓
2017年
1月18日 4.75↓
2月8日  4.65↓
3月13日 4.55↓


4.55kg?
これは、パピーのころにしか見たことがない数字で
正直とても不安でした。

もちろん元々体重が少なめのわんこさんは
全然問題ないんだけど、シニア期になって急に体重が減り続けるのは不安です。


本当は毎日でも体重を測りたかったけど、
神経質になってはいけないと自分に言い聞かせてました。
ちゃんと獣医さんに診てもらっているんだから、
あせらず、ゆっくり、ゆっくりって。
でも、4.55㎏ になったときは、あばら骨もはっきりわかる感じで
不安でした。
このまま体重が減ってしまってったら・・・って。

IMG_1744 (1)
 (4.55kg のちーずさん)

もう一回初心にかえろう・・・。
「ペット栄養管理学」のテキストのページをもう一度開き、

IMG_2351.jpg


須崎先生の「手作りごはん」の本をもう一度読みました。


IMG_2352 (1)


そして、ごはんをある程度まとめて作って冷凍することにしました。
ある期間は同じものを食べさせてみようと思ったのです。
お肉も鶏の胸肉を中心にしていますが、少し牛肉も足すことにしました。

それから、ビオフェルミンを増量して、
獣医さんがすすめるビタミン剤もあげてみることにしました。
やっと春になってきたから、お散歩もたくさんします。

4月10日 4.65 ↑
4月28日 4.7  ↑
5月12日 4.7  →

やっと・・・体重が増えてきました。
ほんのちょっと増えただけでも、見た目も違います。
(私だけがわかるレベルですけどね)

9歳とシニア期ですし、見た目からいっても
このくらいの体重でも大丈夫なようにも思います。
何より体重低下が止まってプラスになったのが安心。

IMG_2360a.jpg

(4.7kg のちーずさん。まぁ、あんまり変わらないんだけど)


ロンドンの冬でも体調を崩したので
2年続けて冬がだめだったちーずさん。
家の中は十分暖かいんだけどなぁ・・・。
お外に行くときもちゃんと防寒着着せてるんだけど。

ヨーロッパの冬がだめって・・・
もしかして、もしかして、それって飼い主の心がそのまま
体調に反映しているとか・・・。
ちーず、ごめんね、なんだか。

とにかく、今の日差しを楽しもうね!

IMG_2347.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村