犬が年をとるということ

ここのアパートに引っ越してきてすぐに
犬のために階段の滑りどめを買いました。

アマゾンドイツで注文した階段の滑り止めは全然だめだめだったので、
やはり日本の商品をお取り寄せ。

2階から下を見下ろした写真

kaidanIMG_4762.jpg

曲がり角なしのまっすぐの階段だから落ちたら怪我しますよね。

リビングからダイニングへもちょっとした階段があって・・・

kaidanIMG_4765.jpg

犬の足には「階段」はあまりよくないという説もあるので。

ちーずは元々、慎重で怖がり屋さんだから
ある意味心配してなかったんだけど。

オレオが相変わらずハイテンションで
階段をが~と登ったり下りたりする。

置くだけの柵なんか簡単に鼻でこじあけて二階へ行ったり来たり。

秋が来たら10歳になるオレオ。

はしゃっぎっぷりは若い時のままだから、
階段で足を滑らせたり、ジャンプしてテーブルに激突したり、
椅子に飛び乗ろうとして失敗したりすることも。

そんな失敗した時、
オレオは必ずじっと私を見る。

「痛かったね。」「びっくりしたね」「大丈夫だよ」
って声をかけてあげると
一目散に私のところへ走ってくる。
たくさんたくさん撫でてあげる。

年とったんだね。
愛しくて悲しくて切なくてかわいくて。

やっぱり事故が怖いから、これからは階段は立ち入り禁止に。

kaidanIMG_0531.jpg

オレオは不満そうだけどね。

お互い、用心していこうよ。
ちーずもオレオも私もさ。
10年前より、去年より、昨日より、今日の君たちが一番好き。

kaidanIMG_0339.jpg
まだまだ暴れるぜ

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


ピタッとパウ柄階段マット すべり止め付 15枚 国産 ベージュ グリーン ブラウン ペピイオリジナル

価格:8,980円
(2018/6/4 17:26時点)
感想(5件)



わんこと行くピラン 醤油があればな

ちょっと思いつきで行ってみたピラン(スロヴェニア)

ここの景色がとても素敵だった。

piranDSC03346.jpg

高台の城壁から見る旧市街とアドリア海

piranDSC03341.jpg

piranORG_DSC03365.jpg

いつまでも眺めていたい景色だが・・・
この通りもう歩く気力がまるでない白茶のお方も・・・
4月末でしたが、日差しが強い。

piranIMG_7056.jpg

海辺に降りてランチをするところを探します。

piranDSC03373.jpg

しかし青い!
月並みですが海はいいなぁ。



piranIMG_7086.jpg


海の景色ではなくレストラン(と言うか海の家というか)を凝視する犬と人間
お店の人、お喋りに忙しくなかなかオーダーとりに来てくれません。
・・・ヨーロッパあるあるです。

piranIMG_7078.jpg

「注文とってくださいな」と懇願してやっとオーダー入る(笑)


あっという間に来たわ!
いわし!
ただローストしただけ。
レモンをかけて食べる
これが美味しい!
ああ・・・でも醤油と白いごはんがあれば最高だったのに(笑)


piranDSC03380.jpg


海風がいいねぇ。

piranDSC03383.jpg

「泳ぎたい」と駄々をこねる犬をなだめつつ歩く

piranDSC03390.jpg

人口4000人というこの街がとっても好きになりました。
でも、夏は海水浴で混雑してるだろうし、冬は無理だし・・・

犬連れ旅は基本シーズンオフの旅だからね・・・。

秋風が吹いたらまた来たいな。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

わんこと行くトリエステ その2 FIAT 500 クラッシックカー 

トリエステの中心のウニタ・ディタリア広場

fiDSC03300.jpg

何とここに FIAT 500 のクラッシックカーが集結!

fiIMG_7101.jpg

fiIMG_7095.jpg

fiIMG_7096.jpg


fiIMG_7097.jpg
この車、ボディの一部が木製です。


fiIMG_7100.jpg

展示してある車の近くでオーナーさんたちが
誇らしげに談笑している姿が印象的でした。

こんなきれいな状態で並んでいるのもすごいのですが、
そのあと、たまたま実際に走っている姿が見れたんです。

fiIMG_7124.jpg


fiIMG_7120.jpg

ステキ!

fiIMG_7128.jpg

どうやら次の展示場へ向けて移動中のようです。


トリエステの街は
買い物も楽しいし、比較的人出もないよと聞いてきたのですが、
連休中のせいか、けっこう混雑してましたね。

例によってだれかはわからないおじさん
fiIMG_7034.jpg



ローマ劇場
fiDSC03272.jpg

ここ何だっけ?お出かけして、1か月たってしまって忘れてしまいました。

fiDSC03332.jpg



サン・ジェスト聖堂
fiDSC03311.jpg

fiDSC03314.jpg

ミラマーレ城

fiDSC03419.jpg

fiORG_DSC03418.jpg

わんこと行くトリエステ、かなり満足の旅だったのですが、
ついでにと立ち寄ったスロヴェニアの小さい街 ピランが
ものすごく私好みでした。

アドリア海の旅、もうちょっと続きます。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村



わんこと行くトリエステ その1(食べ物)

オーストリアは「海なし国」だから
やっぱりどうしても海が恋しくなる島国出身のわたしたち

今回の旅(4月末)の目的は「部屋から海を眺める」のと
「イタリアンを食べまくる」 これに絞っています。

お宿は 
サボイア エクセルシオール パレス トリエステ スターホテルズ コレッツィオーネ
(Savoia Excelsior Palace Trieste - Starhotels Collezione)

triDSC03278.jpg


ここのホテルは朝ごはんも美味しかったし、
フロントに日本語を話せる人がいたりして、
とても快適でした。

triDSC03274.jpg


ホテルの道路を挟んで港が見える感じ。

triDSC03298.jpg

triDSC03304.jpg

triDSC03297.jpg

ホテルのすぐ近くにイータリーもありました。
日本にも東京駅構内にイータリーあるそうですね!
本当に日本って美味しいものはなんでもあるんだなぁって感心。

triDSC03287.jpg

triIMG_7006.jpg

triIMG_7009.jpg

イータリーで買ったもの

triIMG_7172.jpg

旅行中にほとんど物を買うことのない我が家ですが、
オリーブオイルなど買いました。
陶器に入ったオリーブオイル、かわいくてお気に入り。



で、このイータリーの中の海に面したレストランがとってもよかったわ。

triIMG_7005.jpg

手頃な価格でおいしいワインと食事をしながら
海を眺めることができる。

triDSC03307.jpg


triIMG_7109.jpg

トリエステで食べたものあれこれ

triIMG_6984.jpg

triIMG_6994.jpg

triIMG_6998.jpg

triIMG_7105.jpg

オーストリアから一番近いイタリアとも言えるかもしれないトリエステ
歴史的にもオーストリアに支配されていたこともある街

でも、やっぱりイタリアっていうだけで、
ごはん美味しい!!涙

triIMG_6982.jpg
あの・・・犬のごはんも忘れないでくださいね。


その2 Fiat 500に大興奮へ続きます。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村



悩みつつ混合ワクチン

ざくっと言って2017年はわんこの体調が今一つだった。

深刻な病気があったわけじゃないんだけどね、
ちょっとしたことが幾度かあって、ちーずもオレオも不調だった。

それで悩んで悩んで・・・去年は混合ワクチンをしなかった。

「期限切れてますよ。」と獣医さんに言われたりとか、メールで知らされたりとかしてたんだけど。
このあたりではこれらの病気はまだまだあるんですよって。

でも、2018年に入ってわんこの体調がすっかり安定して、
「よし!予防接種しよう!」と決意。
わんこが体調万全でなおかつ私も勇気りんりんの時しかできないからね。

まずは改めて違う獣医さんを探そう!と。
ウィーンに引っ越して、最初にお世話になった獣医さんは
「カルテ」を作らない、「フード」も扱わないという点で
ちょっと・・・期待していたものとは違ったので・・

手始めに、「ダニの予防薬」をもらいに行って獣医さんとの相性を見て、
納得できたら予防接種お願いしようと思ってた。



で、家から歩いて行けるところに獣医さんをみつけました(#^.^#)

・話をじっくり聞いてくれる。
・いくつかの選択肢を示してくれる
・犬への触診に時間をかけてくれる
・シニアの犬の特徴について教えてくれる


出会えた!ってすごくうれしかったです(涙)

そして、何より驚いたのが
ちーずを触診した後、「ちょっと爪伸びてるね」と言って
目にも止まらぬ速さで爪を切りまくったこと!
引っ越しが多くて、ずいぶんいろんな獣医さんに会ったけど
彼女はふつうの「3倍速」くらいだった(笑)

さらに、こんなのどう?って犬の迷子防止登録をすすめてくれた。

ANIMALDATA.COM

20180522IIMG_0232.jpg


20180522IIMG_0233.jpg

迷子札には番号があって、その犬をみつけてくれた人が
インターネット上で飼い主に連絡を取ることができ、
また犬が行方不明になった場合もHPから報告できます。

オーストリアだけでなく周辺の国にも
旅行することもあるからこれはとても心強いシステムだなぁと思います。

aa20180522IMG_0234.jpg



で・・・
ちーずもオレオも予防接種してもらいました。
幸い副作用もなかったようです。



この獣医さん、とっても気さくで面白い人なんだけど、
私がイギリスで発行されたペットパスポートを出すと・・・

「うふ!Unitede Kingdom ? こんなのだめよ。彼らはもう出てちゃったのよ」って。

いえいえ!まだでしょう!
まだユーロ内にいますよ!と私も笑いながら言うと・・・

「オーストリアのペットパスポート作った方がいいわよ。あの人たちいなくなっちゃうんだから」と。

何となく・・・イギリスの離脱について嬉しそうだったように思えたのは気のせいか?(笑)


血液検査の結果についても・・・

「すごくいい数値っていうわけじゃないけど、10歳なら当然よ。
家の犬も14歳で肝臓の数字も悪いけど、元気に暮らしてるからね。
数値だけがすべてではない。
犬だって人間だって年をとれば、あたりまえ」

と言ってくだっさって、何か救われた気分に。

さらに、ちーずに勧められたフードを与えてみたら、
少しづつ体重も増加しました。
すごく痩せすぎってわけじゃなかったけど、もう少し太らせたいって思ってたので
うれしかったです。

信頼できる獣医さんとの出会いに感謝です。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村