4.55ショック

2015年4月に日本を出たときのちーずの体重は5.2kgくらいでした。
ロンドンでの1年間はけっこう体重の増減はあったのですが、
リンツへ移動する時にはやはり5.2kgでした。

2016年、リンツでの冬の間に2回胃腸炎になってしまい
症状がおさまった後も体重が減り続けました。

12月10日 4.95↓
12月15日 4.9 ↓
12月26日 4.8 ↓
2017年
1月18日 4.75↓
2月8日  4.65↓
3月13日 4.55↓


4.55kg?
これは、パピーのころにしか見たことがない数字で
正直とても不安でした。

もちろん元々体重が少なめのわんこさんは
全然問題ないんだけど、シニア期になって急に体重が減り続けるのは不安です。


本当は毎日でも体重を測りたかったけど、
神経質になってはいけないと自分に言い聞かせてました。
ちゃんと獣医さんに診てもらっているんだから、
あせらず、ゆっくり、ゆっくりって。
でも、4.55㎏ になったときは、あばら骨もはっきりわかる感じで
不安でした。
このまま体重が減ってしまってったら・・・って。

IMG_1744 (1)
 (4.55kg のちーずさん)

もう一回初心にかえろう・・・。
「ペット栄養管理学」のテキストのページをもう一度開き、

IMG_2351.jpg


須崎先生の「手作りごはん」の本をもう一度読みました。


IMG_2352 (1)


そして、ごはんをある程度まとめて作って冷凍することにしました。
ある期間は同じものを食べさせてみようと思ったのです。
お肉も鶏の胸肉を中心にしていますが、少し牛肉も足すことにしました。

それから、ビオフェルミンを増量して、
獣医さんがすすめるビタミン剤もあげてみることにしました。
やっと春になってきたから、お散歩もたくさんします。

4月10日 4.65 ↑
4月28日 4.7  ↑
5月12日 4.7  →

やっと・・・体重が増えてきました。
ほんのちょっと増えただけでも、見た目も違います。
(私だけがわかるレベルですけどね)

9歳とシニア期ですし、見た目からいっても
このくらいの体重でも大丈夫なようにも思います。
何より体重低下が止まってプラスになったのが安心。

IMG_2360a.jpg

(4.7kg のちーずさん。まぁ、あんまり変わらないんだけど)


ロンドンの冬でも体調を崩したので
2年続けて冬がだめだったちーずさん。
家の中は十分暖かいんだけどなぁ・・・。
お外に行くときもちゃんと防寒着着せてるんだけど。

ヨーロッパの冬がだめって・・・
もしかして、もしかして、それって飼い主の心がそのまま
体調に反映しているとか・・・。
ちーず、ごめんね、なんだか。

とにかく、今の日差しを楽しもうね!

IMG_2347.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


胃腸炎と家庭内不和

先週の土曜日、ちーずの胃腸が急激に悪化しました。

かなりお腹が痛かったみたいで、
私のベッドの下に隠れるように寝ていました。
本当に具合が悪い時は、私のそばにも寄ってきません。
ぶるぶると震えていて、
血便もあったので、病院へ連れていきました。

痛み止めと抗生物質の注射をしてもらいました。

絶食かなと思ったけど、
薬がよく効くように食事はあげてくださいということでした。

IMG_1404.jpg

右端のシリンジ内の薬はご飯を食べる前に飲ませました。
胃の中の粘膜を保護する薬だそうです。(2回分)

真ん中の薬は痛み止めで、痛みがひどい時。
悩みましたが今回は使いませんでした。

左端の薬(Dia dog n cat)は胃腸の総合薬みたいなものでしょうか。

薬をネットで調べて、ドイツ語から日本語へ自動翻訳をかけて調べます。(抜粋)


<急性腸内吸収障害(下痢)を緩和する錠剤>

・糞便の水結合能力の一貫性を向上させる、細菌、ウイルス、毒素や他の有害な物質に結合する、
 ゲルのライニングの保護と鎮静効果があり、流体の極端な損失を避けます。
・Propektinとオリゴ糖は、望ましい微生物(プロバイオティクス)と便通の開発をサポート。
・簡単pribavljive栄養素がすぐに利用可能なエネルギーを提供します。

(推奨用量)
犬のための苦しみや急性下痢から回復。錠剤は、単独で投与するかまたは食品と混合することができます。


この薬がとてもよく効いたのか、
翌日はまだ不調そうでしたが、
月曜日にはすっかり元気になりました。(ほっ)

IMG_1461.jpg

病気のわんこがいると・・・
どうしても飼い主の関心がそっちにいってしまいます。
オレオもちーずが具合が悪い時はよくわかっていて、
夜寝る時もベストポジションをちーずに譲ってあげるジェントルワン。

でも、オレオもだんだん不満がつのります。

だって、オレオさんが大好きなトリートも
胃腸炎のちーずにつきあって・・・しばらくなし。

よくわかんないけど、ちーずさんだけ
「特別メニュー」なのも腹立たしい。(笑)

多分、ちーずさんもオレオだけがお散歩へ
出かけているのも面白くないかも。

で、ちーずがすっかり回復した昨日になって、
バトル勃発!!!

滅多にない大喧嘩になって・・仲裁に入った飼い主、流血。(かすり傷だけど)

この家庭内不和は次の日まで地味に続きました。
ちーずがオレオを無視するの(笑)


IMG_1421.jpg

オレオが一生懸命に「詫びを入れて」何とかおさまりました。
女子つよし。
(これは毎回のパターン)

わんこにしても、人間にしても
本当に何でもない毎日がどんなに掛け替えのないものか
しみじみ思います。

毎日、大切に一緒に楽しんで生きていこうね。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村






手作りから肝臓サポ―ト療養食に


IMG_9822a.jpg
2016年5月21日の血液検査で
やはり肝臓の数値が悪かったオレオ。

GOT(AST)  63 (正常値0-25)
GPT(ALT) 177(正常値0-55)


肝臓の数値が悪くなる原因はたくさんあり、
テリアには多いということでした。

獣医さんはかなり長い時間をかけて、
オレオの今までの様子や状態を聞いてくださいました。


日本を出国するときのオレオの体重は7kgくらい。(2015年4月)
それがロンドンを出るときは6.3kgに。(2016年4月)
リンツに来てから、一時は6キロ台を割ることも。
太らせたくて、食事を増やすとお腹の調子が悪くなりました。

検査の数字よりもその体重減少とお腹の不調という
事実が心配ですねということでした。

そこで
肝臓の薬を毎日1錠飲むことになりました。

IMG_9893a.jpg

ロンドンで処方されたサプリメントでも、
劇的な数値の改善があったけれど、
吐き気がおきてしまって使用をやめていました。

前回のサプリメントについてはこちら

使用をやめて数か月でまた、肝臓の数値が悪くなってしまっていたのでしょう。

そして、ロイヤルカナンの療養食を勧められました。

IMG_9894a.jpg

ずっと手作り食を食べてきたオレオ。
正直、療養食を食べさせるのは悩みました。
でも、決断できたのは、獣医さんが
「肝臓の数値が悪いことと、手作り食であることは無関係です。」と
言ってくださったこと。
その上で、選択肢のひとつとして療養食をやってみませんか?ということでした。


結果は良好でした。
どうやっても増えてくれなかった体重が
3か月後には1㎏増の7.35kgに。
(ちょっと増えすぎかも)

そして、血液検査の結果は

2016.8.30
GOT(AST)  28 (正常値0-25)
GPT(ALT) 77(正常値0-55)


正常値から少しだけはみ出しているけど大幅改善されました。

誤解を恐れずに言うと・・・
ネットで何かと評判の悪いロイヤルカナンのフードを使うのは
ためらいがありました。

でも、目の前にある「オレオの体調不良と血液検査結果」は
確実に改善されました。

ペット食育協会の講座で、
手作りごはん「も」どうでしょうか?
と問いかけられたのを思い出しました。

手作りでなければならない・・・のではなく、
その子にとってその時ベストなものを選ぶ飼い主の決断。
簡単なようで、なかなか難しいですね。
(まだ、少しばかり揺れてる飼い主です)


検査の数字が改善したので、薬は週に2回に減りました。
また、3か月後に検査です。

IMG_9809a.jpg
 えへへ。元気だよ。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


アトピー性皮膚炎の薬 アポクエル

お腹が弱い子用の療養食(ロイヤルカナン)を与えていたら、
全身痒くなってしまい、また手作り食に戻したちーずさん。

IMG_8935a.jpg


やっぱり手作り食にもどるしかない・・・

しかし、お薬と手作り食ですっかり良くなっていたと思っていたのに・・・
また、かゆみが出てきたようです。

痒みの原因は何でしょう。

先日受けたアレルギー検査(プレテスト)では・・・

IMG_9088a.jpg

わずかに、花粉に反応があったものの
5段階の1という数値なのでそんなに気にする必要はないらしい。

外的なものの理由がないと思われるので
(と言っても検査しているアルゲンが少なすぎるような気もするが)
やはり食事でしょうかということでした。

皮膚が赤くなって痒みが出たら
48時間以内に食べたものを検証してくださいということでした。

鶏かなぁ・・・何となく今までの経過からそんな気がします。

そんなに酷い状態でもないので、
かゆみが出たら少なくとも2日間は
薬を飲ませて、いったんかゆみを止めてくださいということでした。

IMG_9090a.jpg

家に戻ってネットで調べたら、
アポクエルというアトピー性皮膚炎によく効く薬のようです。

日本でも発売されてるのかなぁ。

副作用が少ないのと、最短4時間でかゆみがなくなるとか・・・。

あんまり薬は気が進まないが、とりあえず飲ませてみます。

手作り食と併用してアレルギー用のフードも与えてみることにしました。

IMG_9089a.jpg

SANA HORSE というドッグフードです。

これは日本未発売のようです。
継続して与えることができるフードを探したいから
できれば日本でも手に入るものがよかったけど、
まぁ、今は今で仕方ないかな。

アトピー性皮膚炎の薬を飲んで
数時間たつと、ぴたっと痒みがおさまったようです。

IMG_9091a.jpg

舐めるなら舐めてもいいのよ~の態度のちーずさん。

そうですかってぺろぺろするオレオさん。

IMG_9095a.jpg

オレオも二回目の血液検査をして
肝臓の数値の結果を待っているところです。

できるだけのことはする。
だけど必要以上に心配しない。
今日一日をわんこと楽しむ。
毎日、自分に言い聞かせています。
難しいけど。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

ダニが怖いし、薬も怖い。

先月、ダニに刺されて獣医に行ったオレオ。

ロンドンで処方されていた
advocateという液体の薬で予防していたのですが
あまり効果がなかったようです。

獣医さんの説明を色々聞いて、とりあえず
ブラベクト錠というチュアブルタイプの薬を出してもらってきました。
最近、日本でも使われるようになっている薬です。

IMG_7293a.jpg


背中につけるタイプの薬もやっぱり嫌だけど、
飲むタイプはさらに抵抗があり・・・
一か月近くも悩んでいました。

でも、とにかくダニが多いんです。
森や山へ行かなくても家の近くでもぞろぞろいるんです。( ノД`)シクシク…

日本に比べたらすっごく乾燥している気候だと思うんだけどね・・・
でも、人間がマダニの予防接種を受けるくらいだからね、
やっぱり多いんだろうなぁ。

しかも、日本にいるときからそうだけど、
ちーずは一度も被害がなくて、オレオばっかり。
行動パターンのせいか、このもじゃもじゃの毛のせいか・・・。

IMG_7290a.jpg

       「わたしのからだはつるつるだもん。」


オレオの大好きな森への散歩はやめて、
シティ派に・・・。
でも、つまんなそうでしょう。

IMG_7279a.jpg

散歩から戻った後は、
しつこくしつこく体をふきながら観察して
ダニが歩いているのを発見しては
取り除いていました。
が、やはり、見逃しはあって
その後も何度か刺されました。
そのたびに獣医からもらったピンセットでダニを
取りました。

IMG_7294a.jpg


取り除くとき、けっこう痛いんじゃないかなと思うけど、
オレオは本当に大人しくしていましたね。
何となく元気がなくて、
妙に私の顔を見に来るなぁと思って点検すると
ダニに刺されていて、ダニが大きくなっているんです。
不快なので私に訴えていたのだと思うとかわいそうでした。

けれど、数日前に
目の上と額を二か所刺されていて、腫れてしまいました。
「なんで!?」ともう泣きたい気持ちでした。

ついに決断して、その日にお薬を飲ませました。

肝臓の数値が悪い傾向にあるオレオ。
こんな薬は飲ませたくないけど、
これ以上、ダニにやられるわけにもいかない。
外を歩かないわけにもいかない。
背に腹は・・・という気分です。

とりあえず、あとできることとして、
毛を刈り込んでスムースにしようと思ってます。
(ぼさぼさ眉毛の中にダニが隠れていたのではと・・・)

IMG_7288a.jpg

お薬を投与後はダニに刺されても
すぐにダニが死んでいるようです。
(体に死がいがついていた)

その効果を喜んでいいのか、怖いと思うか・・・
複雑です。

下の写真はアパートのテラスから見た景色です。
とっても情緒があるんだけど、
何となく、ダニが多いっていうのも納得できる環境だと思います。

IMG_7144a.jpg

そうそう、ねずみもいます・・・。
よくアパートのまわりを走ってます・・・。

ま、まけるもんか・・・。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。