出国直前、ヒルトンホテルや壊れたクレートの話

これからイギリスへわんこを連れていく人のために記録しておこうと思います。

渡英の前のやるべきことで、
イギリスの検疫に到着する時間の24時間前から120時間までの間に
エキノコックスを駆除するための薬を獣医で処方していただき
サインをいただかなければなりません。

これが、日程的に結構、大変だと思います。
私は出国日の2日前に獣医さんへ行きましたが、この日は本来この病院の
休診日でした。
獣医さんがベストのタイミングでとおしゃってくださって
わざわざ休日に処方してくださいました。
地元のこの病院には本当に本当に親切にしていただきました。
駆虫薬も通常はこの病院では扱っていないということで取り寄せていただきました。
ドロンシット錠というバイエルンの薬です。


echinococcus1a.jpg

そして、EU衛生フォームと言われる書類に獣医さんのサインをいただいたら、
念のため成田の検疫所にメールで送り、不備がないかどうかを確認します。
成田の動物検疫所の方々も本当に親切でした。
何度もお電話やメールでわからないところをお尋ねしましたが、
すぐに丁寧に教えてくださいました。

さて、出発日前日の検疫はとてもスムーズにいきました。
ほっとしました。
成田の検疫所は本当に昔ながらの「お役所」という佇まいです。
スタッフの方はとても親切でした。

keneki0415.jpg

書類の作成と実際にわんこの診察をします。

keneki0415_2.jpg

この後、できあがった書類を受け取って、今回わんこの輸送をお願いしている
日通さんの事務所へわんこと共にいきます。場所は検疫所のすぐ隣です。
イギリスは犬を携行品として持ち込むことができず、
必ず専門の業者を使い貨物として輸送する必要があります。
もちろん、わんこは私が乗る飛行機と同じ便にしました。

前日に検疫が終わった時点で犬を日通さんに預けて
日通さんが犬をペットホテルに1泊させて、翌朝飛行機に乗せてくれるというのが
多分、標準的なプランなんだと思います。
しかし、出発前日にペットホテルというのがどうしても不安だったので、
ペットが泊まれる部屋があるヒルトンホテルを使いました。


ヒルトンから成田空港までは少し距離がありますから、車が必要です。
わたしは息子に手伝ってもらって、息子の車で移動しました。

ヒルトンは会員だと二人で泊まっても1名分でOKなので、
会員になった方がいいですね。

お部屋は少し古い感じもしましたが、清潔で快適でした。
犬のケージは用意してありました。
Wi-Fiが有料というのが、今時ね・・・ちょっと。
犬のトイレシートの予備がないのもちょっと・・・。

keneki0415_3.jpg

いつもの旅行と違うのがわかるのか・・・
オレオは不安そうですね。

keneki0415_4.jpg

あれこれ不安で眠れぬ一夜を過ごし・・・
翌朝、7時に日通のスタッフにわんこを託しました。
犬を渡すとき、よく泣かずにいれたと自分をほめたい!!

keneki0415_5JPG.jpg

そして、無事にヒースローでわんこと再会できたのですが・・・

さて、ちょっと気になったクレートの破損の話です。

犬の輸出に際して、航空会社の基準を満たしたクレートということで、
ペットメイトというメーカーが出しているバリケンネルP200+を通販で買いました。
届いた商品を見て、昔買ったバリケンネルに比べて華奢だなぁとは思いました。
昔に比べて、とっても安くなってたけどね。

ヒースローで犬を受け取った時には
バリケンのハンドルのところが壊れていました。

keneki0415_7JPG.jpg

飛行機に積むことが前提で購入したクレートだし、
もし、出発空港で壊れていたら・・・搭乗できない場合もあったかも・・・。
持ち運びの時にハンドルがとれてクレートが落下して、
犬が怪我をしたまま長時間の旅行となっていたら・・・
いろいろ考えてしまいました。
やはり通販で買うっていうことのリスクを感じてしまいました。
自分の目でちゃんと商品を見て買うべきだったなぁと。
そして、ちょっと華奢だなぁと思ったのに、そのまま使用してしまったことも
反省しました。

次の旅行に備えて、二個とも新しいクレートを買いかえようと思います。

どこの通販サイトで購入したかは書きませんが、
もし、お知りになりたい場合は管理人だけが読めるように
コメント欄にメールアドレスをお書きくだされば、お店のお名前を
お知らせいたします。営業妨害はしたくありませんが、
これから犬を飛行機に乗せようと思っている方にとっては重要なことですよね。
ただ、お店の問題というよりは、この商品の問題かと思います。
安くなった分、作りが悪くなったのでしょうか・・・。

まぁ、ちょっとしたトラブルはありましたが、
獣医さん、検疫所の方、日本通運さん、ヒルトンさん、そして息子、ブリティッシュエアウェイの方、
ヒースローの検疫の方、みなさんのお世話になり
無事にイギリスへ入ることができました。
ありがとうございます。
犬が二匹ともとっても健康で入国できたことを深く感謝しております。


keneki0415_8JPG_edited-1.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村



無事にロンドンに。

二匹とも、とても元気でいい状態です。
とにかく、ほっとしました。


 




出国

昨日、ワンコの検疫を終え、今朝早く日通のスタッフにワンコを託しました。
長い時間のフライトだけど
良い子でゆったり寝ていてね。
また、ロンドンでも、ちーずとオレオの毎日を書きますね!



私もそろそろ飛行機に乗ります。

惜春


待てといふに止らぬものと知りながら強ひてぞ惜しき春の別れは(読み人知らず)

sakura1_201504101711561ef.jpg


sakura2.jpg

鼻に桜の花びらついてるよ~。

sakaura3.jpg

桜が散っていくね~。

この春も、盟友ぽち君ともぐら堀りを楽しんだよ。

sakura5.jpg

sakura8_2015041017201899e.jpg

立ち耳でそろえてみたよ。レッツゴー三匹!
ちょっとの間、日本のモグラはぽち君に任せたよ。
また、絶対、一緒に遊ぼうね。

sakura12.jpg

荷造りは完了。荷物はもう、イギリスへ送ったし・・・

sakura9.jpg

イギリスでのちーずとオレオの新しいベッドも用意してくれたって。

sakura10.jpg

もうすぐ出発だね。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


成田でペットホテルを下見する。

やっとちーずとオレオの検疫のための書類がほぼ準備できました。
成田の動物検疫所の方には本当に何度も何度もお電話やメールで
ご指導いただき感謝、感謝です。
お役所が無料でこんなに親切だなんて・・・日本っていい国と思いました。
ああ、それに比べてイギリス大使館の感じ悪いこと~。
電話に出てくれないこと~。

さて、これからイギリスへ犬を連れていく人の参考になればと思い書いておきます。
私もイギリスへわんこを連れていった人のブログを何度も何度も読んだから。
イギリスへわんこを連れていく人の不安な気持ちが少しでもやわらげばいいなと。

必要書類
1.犬の輸出検査申請書 (私はNACCSを利用してネットで提出)
2.狂犬病の予防接種証明書 2回分(日本語)
3.狂犬病の抗体検査証明書(英文)
4.EUフォーム(衛生証明書)
7種混合ワクチンの証明書(日本語)

keneki5ab.jpg

keneki3abc.jpg


keneki2ab.jpg

keneki4ab.jpg


7種混合ワクチンはイギリスへの入国では必要ないのですが、
不測の事態を考えて輸出検査申請書に記載しました。


後は、出発前に近所の獣医さんへ行ってエキノコックスに対する駆虫薬を
飲ませてもらい、衛生証明書にサインをもらうだけ。


2014年12月28日にイギリスへ犬を連れていくために必要な書類に変更があったので
不安が倍増しましたが、何とか・・・何とかゴールが見えてきました。
イギリスにペットを連れて行くための詳細はこちら

さて、出発前日に成田の動物検疫所で検疫を受けたら、
そのままお隣にある日本通運さんにちーずとオレオを預けて
その日はわんこは日本通運さんが斡旋してくれるペットホテル泊。
次に再会できるのがヒースロー空港というプランだったのですが・・・

どうにも、こうにも心配。
オットに電話して訴えるも、
「きっとそれが犬にとって一番負担のないプランなんだよ」って。
そうだろうね。そうだと思うよ。そう・・・だけど。
日本通運さんに電話してどこのホテルを利用するか聞いて、
ネットで調べてみる。
うーーん。よくわかんない。もう不安でたまらない。
そうだ!成田に行こう!見てこよう!
というわけで、車でぶーんと成田へ。

ペットホテルの方はとっても親切そうでした。
成田空港からは少し離れたところにありました。
うん、うん。優しそうな人だね。
でも・・・。

それから成田の動物検疫所の場所を確認。
ちーずとオレオはイギリスのきまりによって貨物としての移動になるので
カーゴエリアなの。

keneki1.jpg

さらに、念のため成田の駐車場に直結しているペットホテルも見学。
フロントはぴかぴかで担当の人もとっても親切。
ペットのお部屋は安全上の理由から見せてもらえないんだって。ふーん。
うん。うん。ここにあずかってもらえば、出発日の早朝に自分でわんこ達を日本通運さんへ
連れていかなければならないけど、少なくとも出発の朝に一度わんこ達に会えるよね・・
健康状態も見たいし・・・ここなら・・・。日本通運さんまで400メートルだから、
歩いていけるし・・・でも、荷物と大きいケージ2個はどうしよう?

やっぱり、だめ・・・ペットホテルはやめよう。
犬と一緒に泊まれるホテルにしよう。
出発の前日は同じ部屋で寝よう。
犬と泊まれるホテルは成田空港から車で10分くらいかかるの。
レンタカーを借りよう。そして、当日の朝、自分でわんこ達を日本通運さんへ預けよう。
私がやろうとしていることは物事をややこしくしてるかもしれないけど・・・
やっぱり、わんこのために自分が一番いいと信じることを選ぼう。
成田空港まで見に来てよかった・・・最善を尽くそう。
後悔したくないからね。
犬と泊まれるホテルの予約を完了して・・・やっとほっとした。

きっとすべては私が心配しすぎなんだろうし、
もっといろんな事を信じていいんだと思うんだけど・・・ね。

keneki6a.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村







このカテゴリーに該当する記事はありません。