ヒースロー空港でクレートの検査

3月20日に荷物を日通さんに出してもらいました。

160323S_4052298886671a.jpg


その夜はロンドン市内のホテルに一泊しました。

いつものようにホテルでもしっかりくつろげるちーずさんと

どうやってお落ち着けないオレオさん。

160323S_4063761364231a.jpg

移動に際しても犬のクッションやら、犬のトイレやら、ちーずのリングだとか、
犬のごはんを冷凍したものなど・・・
犬のための手荷物が多すぎです。

21日の朝、出発前にロンドン最後の散歩をします。

160323S_4063761407599a.jpg

ヒースロー空港の手荷物カウンターで、
犬と私たちは別室に呼ばれて連れて行かれました。

160323S_4063761499675a.jpg

ちーずさん余裕の笑顔に見えますが、
実際は極度の緊張でパンティングしてます。

160323S_4063761553143a.jpg


EU内の移動でペットパスポートを持っていても、
健康チェックとかするのかなぁ・・・
マイクロチップの読み取りとか?
と思っていたら・・・・

クレートから犬を出して、
検査官がふたりがかりで調べていたのは
クレートそのものと犬のクッション。

テロ対策なんですね。
火薬の反応がないかどうかも機械で検査していました。

犬には全く無関心。

そして、クレートについている給水器の水をその場で捨てるように
言われました。

水を捨てると、クレートにわんこたちを戻すよう言われて、
わんこたちは係員に連れられていきました。

水がなくなったことが気がかりでした。
確かに・・・ペットボトルとか飛行機に持ち込めないですけど・・・。

でも、犬を飛行機に乗せるにあたっては、
給水器のほかに空の容器を二個つけるという規則になっているから、
当然、飛行機に乗せる前に係員が水を補充してくれると思っていたんですけど。


結果、ミュンヘンに着いてみたら、わんこの水はからっぽでした。

あわてて水を与えると、
ちーずとオレオは気が違ったみたいに水を飲んでました。
きっと、ちーずは飛行機の中でもはぁはぁしていただろうから、
ものすごく喉が渇いていたんだな・・・て不憫でした。

でも、私たちが移動した翌日にブリュセルのテロ。
多くの方が犠牲になってしまいました。

それを思うと・・・テロ対策がいかに大変なことなのかと思います。

犬の水などは仕方のないことかもしれません。

でも、でも、
予定外に拘束時間が長くなってしまうこともあるから、
やはり、検査後に水は入れてあげてほしいな・・・と、
犬飼いとしては思います。

なにはともあれ
無事にミュンヘンでわんこと再会できて、
本当にほっとしました。

ミュンヘン空港で
大型荷物のところで犬のクレートが見えたから、
そこにいた係員に
「私の犬を引き取りたいんだけど」って言ったら、

「自分の犬なら持っていっていいよ!」って!!!!

引換券くらい見てよ~。頼むよ~。
物じゃないんだから・・・(´;ω;`)

160323S_4063761658808a.jpg

160323S_4063761726559a.jpg


ミュンヘンからレンタカーを借りて
車で3時間くらいでリンツへ着きました。

ロンドンと違い、右側通行だから当然車は左ハンドル。
しかもレンタカーはマニュアルでしたので、
右手でマニュアル操作という難関。
難しいラウンドアバウトも逆回り・・・
私には絶対に無理だわ。
いつもながら、オットは運転が上手だなぁと感心します。

とりあえず、リンツ市内のホテルに入り、
アパートでの生活が立ち上がるまで
2週間くらいかなぁ・・・ここにいる予定です。

160323S_4063761885455a.jpg

わんこさんたち、本当にお疲れさまでした。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

悩みぬいて7種混合

悩みに悩んで・・・
ちーずとオレオに7種混合ワクチンを接種させました。

160303IMG_5540a.jpg

イギリス→オーストリアへの移動には
狂犬病の予防接種の記録があるペットパスポートを
持っていれば、問題なく入国できるので
7種混合は受ける必要がない。

ちーずはもうすぐ8歳だし、オレオも7歳。
毎年、ワクチンを受けてきたし、
副作用のことやら何やら考えると必要ないって思える。
むしろ、悪影響って思える。

日本にいたら・・・受けないと思う。
トリミングやドッグランやホテルで必要な時もあるかもしれないけど、
もう、いいや。

でも、やっぱり・・・
難民問題やら何やらで入国審査が
厳しくなりつつあるオーストリアなどヨーロッパ諸国。
わんこの往来だって、いつ、なんどき法律が変わるかわからないし・・・
実際、わんこの輸出入の法律や、航空会社の規定って
けっこうすぐに変わっちゃうんだよね。

お腹の調子もよくなって、絶好調のちーずさんでしたが、
接種後、やはり下痢をしてちょっと体調が崩れました。

160303IMG_5543a.jpg

でも、どうやら大丈夫そう。
食欲もしっかりあります。
どうぞ、何事もなく抗体がつきますように。
もちろん、オレオも。

160303IMG_5545a.jpg

翌日にはすっかり元気になって、お散歩いきました!
ちーずさんは近所の公園でのレトリーブコース。


160303IMG_5559a.jpg

オレオさんは、ちょっと遠い公園まで
かもめ見学コース。

160303IMG_5551a.jpg

ところで、当初、予定していた
レンタカーを乗り継いでのリンツへの犬連れ移動は
あれこれあって、
できなくなってしまいました。(´・ω・`)
で、
やっぱり飛行機に乗せることに。

今回は飛行時間が短いので、大丈夫!(と信じてる)
ちーず、オレオ、がんばろう!!
オーストリアはわんこにとって、
とってもとってもいい国のはず!
私はリンツの街がとっても好きになりそうだよ。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

オーストリアでのアパート探し

25日(木)にオーストリアのリンツに
アパートを探しに行ってきました。

オットがすでに仕事でリンツにいたので、
前の晩にウィーンで待ち合わせて一泊し、
翌朝にリンツへ向かいます。

ヒースロー空港ターミナル2

160227IMG_5382a.jpg

お引越しはイギリスからオーストリアまで車で移動する予定なので
考えれば、私にとってはこれが最後のヒースロー空港かも・・・

160227IMG_5384a.jpg

空港内のお店
ロンドンに何店舗かある yo !sushi
派手だわ・・・食べたことはないです。

ウィーンまでの飛行時間はほんの2時間15分。
夜遅くに着いたので
空港の前のホテルに直行。

翌朝、
オーストリアが誇る
レイルジェット(railjet)国際高速列車でリンツまで移動。
1時間45分くらい。

160227IMG_5388a.jpg

リンツ駅前
人口が約19万の都市。
ロンドンの人混みから考えると本当にほっとします。

160227IMG_5391a.jpg

不動産屋さんの車に乗せてもらい
あらかじめリクエストしておいた物件を5件見てまわる。

我が家にとって一番大切なのは
犬が歩きやすい公園が近くにあるかということ。
庭がある郊外の物件も一応考えたけど、
やっぱり・・・一言もドイツ語が話せないので
街の中心部に住むことにしました。

160227IMG_5397a.jpg

街並みがとてもかわいいです。

160227IMG_5398a.jpg

160227IMG_5399a.jpg

160227IMG_5406a.jpg

160227IMG_5407a.jpg

160227IMG_5409a.jpg

160227IMG_5410a.jpg

わんこのお店もあったわ。

160227IMG_5411a.jpg

街の中心のハウプト広場の中央には
大理石の三位一体の柱

160227IMG_5412a.jpg

マルチンルター教会
これは非常に気になりますが・・・時間がないので写真だけ。


160227IMG_5413a.jpg

新大聖堂

160227IMG_5404a.jpg

ドナウ川

160227IMG_5402a.jpg

古城の城壁
この石畳を上がっていくと犬の散歩のよさそうな場所がありました。
160227IMG_5396a.jpg

私たちがわんこのために選んだのは古城の城壁の近く。(上の写真)
公園がすごく近くだったし、
家にいても教会の鐘の音が聞こえるのがいいよね。
レストランのお庭にとても近いので
夏は少し賑やかかもって言われたけど、
今の季節は本当に静か。

ちーずとオレオにとっては
初めてのお庭がない家での生活になります。
オレオは室内トイレで用を足せないので
お引越ししてからチャレンジしなければ・・・・
でも、人間も犬もこれから年をとっていくから
今、室内で用を足せるようにしておくことはいいかもね。

さて、一泊2日ロンドンの家を留守にしている間
ちーずとオレオはどうしていたでしょう?
彼らはとってもとっても楽しい時間を過ごしたようです。(#^.^#)

その話は次回に。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

渡墺準備 狂犬病予防接種をする。

ちょうど1年前の今頃・・・渡英準備を始めたんですよね~。
3年くらいはロンドンにいるのかなぁと思ってたけど(根拠なし)・・・
来春にはオーストリアに転勤なんだって。

ちーずとオレオには犬生3回目の引っ越しです。
ちなみに私は21回目!
生まれてから21回も引っ越しすると私みたいな人間ができるんだな。
きっと。(ただ今、非常にネガティブマインド)

IMG_3909.jpg


で、初めの一歩ということで
ちーずとオレオの狂犬病の予防接種に行ってきました。
オーストリアはEU内なので、ペットパスポートに
今日の予防接種の記録を獣医さんが書いてくれれば、
イギリスからオーストリアへの入国はまったく問題ないはず。

S__3702788_20151126224356547.jpg

S__3702789_201511262243558bc.jpg



EUROPA Animal Health and Welfare より

How does the pet passport work?
For movements of pets between EU Member States,
valid rabies vaccination is the only requirement for travel across borders.
You should simply go to your vet,
who will vaccinate your pet and enter the appropriate information in the pet passport.

獣医さんも最初は「問題ない!」って言ってくれたんだけど、
でも、途中で
「ちょっと日付について確認したいことがあるから
ペットパスポートは預かるから。出来たら電話するから。」とのこと。
あ~、不安。
あれこれ聞いても調べても結局のところ不安が増します。

そして、
「引っ越しするところはあのオーストリアだよね?
 ここからすぐ近くの国のことを言ってるんだよね?
 あの遠いオーストラリアのことじゃないよね?」と
念を押されました。

あはは・・・。

そして、お引越しするとなると、また獣医さん探しから始めることになるので、
それなら今のうちにということで、
12月にオレオの歯石除去の予約を入れました。

とりあえず、今日は予防接種をしたからふたりとも安静にしておきましょう。

ちなみに日本の獣医さんは予防接種後に必ず安静にしてくださいねと
注意をしてくださいましたが、今の病院では全くそのような話はありません。(笑)

IMG_3907.jpg


日本からイギリスへわんこを連れてきたことを考えれば
イギリスからオーストリアへの移動は全然、楽です。
問題は・・・ドイツ語が一言もわからないということだけです・・・汗

さて、がんばるよ!(何を?とは思う)
雨が多くて、夜が長くて、どんよりしたロンドンの冬を越えたら
森と泉のオーストリアの春を、ちーずとオレオとお散歩だ!!

はぁ・・・。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。