わんこと行くベルリン その2

さて、ベルリンの夜ごはんは・・・

ホテルの隣にあった韓国レストラン!

berlin2017_07_22_16.jpg

美味しかったわ(涙)
2年半ぶりくらいでしょうか?
やっぱりアジアごはんは美味しいなぁ。

夕食後、ホテルの近くの公園でお散歩。

berlin2017_07_22_13.jpg

夜が長いヨーロッパの夏を楽しんでいますね~。

とてもいい風景なんだけどね、
翌朝、この公園を通ったら、もう、もう、もう
信じられないくらいのゴミの山!
一面のゴミ!
残念だよね・・・。

さて、2日目はベルリンの壁へ行きます。

壁の一部が保存されています。

berlinDSC02819.jpg

berlinDSC02827.jpg

berlinDSC02824.jpg

ベルリンの壁を見た後は
オットが見たいというので
車で通過しただけですが・・・
「チェックポイントチャーリー」の跡。

東西分裂時代のベルリンで、
アメリカ統治側とソ連統治側の検問所だそうです。

berlinDSC02848_201708162048170a8.jpg


berlinDSC02850_201708162048192b8.jpg

ベルリンは他にもたくさん見たいところがあるんだけど、
暑さに弱い犬連れ旅なので、あきらめて帰途へ。

そして、
ベルリンからリンツに帰る途中で立ち寄ったのは、
レーゲンスブルクという古都。

バイエルン地方で最も重要なゴシック建築の大聖堂。

berlinDSC02901a.jpg

ステンドグラスもすばらしい。

berlinDSC02906a.jpg

でも、でも・・・この街で行くべきところは・・・

berlinDSC02885a.jpg

ドナウ川畔にあるドイツ最古のソーセージ屋さん。(本当か?)

11世紀に石橋を建設するときに飯場として造られた歴史的なソーセージ屋さんなんだって。


うだるような暑さの中、炭火で焼いてましたよ。

berlinDSC02895a.jpg

berlinDSC02887a.jpg


berlinDSC02886a.jpg

ごく一般的なソーセージとザウアークラウト(9ユーロ)

berlinDSC02894a.jpg

ドナウ川を見ながらだといつもより美味しく感じるかも(笑)

いつものように、
「ソーセージよ、落ちてこい」 と念じる犬と
「暑いから寝るわ」 の犬。
(日陰に入れても、なぜかすぐに日向に出てはぁはぁいうわんこ達)

berlinDSC02892.jpg


夏の旅、
今年も元気にちーずとオレオと行けてよかったな。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

わんこと行くベルリン その1

夏の旅の続きです。

1989年11月9日のベルリンの壁の崩壊

もう十分すぎるくらい大人だった私は
ものすごい衝撃と感動を持ってニュースをみつめてました。

それ以来、一度は来てみたかった都市です。
期待を裏切らず、本当にすてきな街でした。

泊まったアパートは
Gorki apartments
街の中のとても便利な場所で、インテリアもすてきでした。
スタッフもとても感じがよかった。
二人と二匹で136ユーロ。

berlinDSC02835.jpg

ヨーロッパぽい床がすてき。

berlinDSC02795.jpg

わんこのベッドと食器が用意されてました。
こちらでは珍しいサービスかも。

berlinDSC02774.jpg

このベッドで寝ていいよと言われても・・・・
やはり持参したハウスが落ち着きますね。

berlinDSC02838.jpg



berlinDSC02786.jpg

お二人ともすっかりおくつろぎ。

berlin2017_07_22_18.jpg

さて、
まずは統一ドイツの象徴 ブランデンブルグ門へ。

道が混雑してるようなので自家用車ではなく
路面電車と地下鉄で行きます。

ちーずさん、マズルカバーをされて元気なくなってます。

berlinIMG_3656.jpg

リンツでも一応マズルカバーをつけましょうってことに
なってるけど、つけている犬は半数以下かな。

いろいろけっこう緩い感じがリンツのいいところでもあり、
「ないわー」というところでもある(笑)

ドイツは「規則を守る国」っていうイメージがありますね。

オレオは慣れてるから平気。

berlinIMG_3657.jpg


ブランデンブルグ門
1791年にプロイセン王国の凱旋門として建てられたそうです。
東西分裂の時代はこの門をくぐることができなかったそう。

berlinDSC02804.jpg

門の上の女神と馬車カドリガは1806年にナポレオンに奪われたが、
1814年にベルリンに戻ったんだって。

berlinDSC02800.jpg

旧東ドイツの信号機
かわいいです。

berlinDSC02814-horz.jpg

けっこう暑くて、わんこさんお疲れのようなので、
この日は早めにホテルへ戻り、翌朝ベルリンの壁を見に行くことにしました。
                                    
                                    ちょっとだけ続きます。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

わんこと行くドレスデン その3 ゲーテが愛したエルベ川

ドレスデンの旧市街はバロック様式の宮殿が立ち並びます。



dreDSC02863a.jpg


dreDSC02867a.jpg

どこを見ても絵になりますね。


dreDSC02862a.jpg



圧巻だったのは、長さ101mの「君主の行列」という壁画。
マイセン磁器のタイルに描かれているのです。

マイセン磁器ですよ!すごくないですか?


dreDSC02880a.jpg

エルベ川の岸辺から見た旧市街
この眺めをゲーテが愛したと言われています。

dresDSC02874.jpg

この美しい宮殿や教会は第二次世界大戦の空襲で
一夜にして破壊されたそうです。
東西ドイツの統一後、再建作業が始まり2005年に
芸術と文化の都の姿に修復されたそうです。

ヨーロッパの歴史の流れを垣間見るとき、
壊すのも奪うのも人間なんだとしみじみ。
だけど直すのも始めるのも、また人間。
その人間をおつくりになった神様のことを
考えます。


今回のお宿はとても広くてしかもリーズナブル!

Aparthotel Am Schloss (アパートホテル アム シュロス)

旧市街の真ん中にあって、
広々のスイートタイプで92ユーロですよ!!
わーい!!

dreDSC02857a.jpg

dreDSC02861a.jpg

dreDSC02859a.jpg

家具がみんな イケアだったから
何だか見慣れた雰囲気だったけど(笑)

そして、ドレスデンで、何を食べる?
シュニッツェル?レバーケーゼ?
ソーセージ?
ない、ない、ない!!!!

「小倉」という日本レストランへ。

dres2017_07_22_23.jpg

キャーおいしい!
リンツでは「お寿司に似てるもの」は食べれるけど、
本当の「お寿司」はないんですよね~。

やっぱり「食」は大事だわよね~。


夏の旅、次はベルリンです。  もうちょっと続く。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

わんこと行くドレスデン その2 ケーニヒシュタイン城塞

ドレスデンから訪れる絶景スポットということで、
1233年まで歴史をさかのぼるヨーロッパ最大級の要塞へ行きます。

ああ、どうせ高ーいところにあるんだろうな・・・。

要塞までは、電気バス+エレベーターでも行けるけれど、
日陰の道のようなので、私たちは歩いていくことにします。

dreDSC02717a.jpg


オレオはいつも張り切りすぎてばてるので、
日陰を選んでゆっくりね。

dreDSC02771a.jpg
あれ?カメラの縦横比の設定がおかしい・・・細長い。( ´艸`)

城壁は約9.5haあるんだって。その中の牢屋には
マイセン磁器を発明したベットガーも幽閉されたことがあるそうです。

dreDSC02770a.jpg

城壁内に入っていきます。
ちなみに博物館の中以外はわんこもOKです。

dreDSC02721a.jpg

エルベ川の眺め。

dreDSC02729a.jpg



dreDSC02727a.jpg

城壁の端っこの道。
絶景なんだって・・・。
私と犬は内側の道を歩き、
高いところが大好きなオットのみ外側を歩く。
ふん。

dreDSC02732a.jpg

dreDSC02741a.jpg

dreDSC02743a.jpg

要塞の中の食品庫。
ひんやりしてましたね~。

dreDSC02750a.jpg

dreDSC02757a.jpg

ワインの貯蔵庫。
とにかく規模がすごく大きくて、いくつもの食品貯蔵庫の部屋がありました。
難攻不落の城塞だった理由がわかります。

dreDSC02756a.jpg

ちーずは全然平気そうだったけど、
オレオは地下の暗闇がちょっと苦手のようでしたよ。

dreImage_3f29d57a.jpg

男子、弱し。

                                        続きます。
しかし・・・カメラで写した写真はずっと縦横比がへんてこなままなんだなぁ・・・


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

わんこと行くドレスデン その1

7月に3泊でドレスデンとベルリンへ行きました。

ドレスデンでの1泊目のお宿はとってもかわいかったです。

Hexenhaus


dresDSC02696.jpg

こちらの建物がレストランとフロントになっていて、向かい側の建物に宿泊施設。

dresDSC02705.jpg

伝統的な木組みの建物で、童話の中に出てくるイメージですね。
歴史的にも貴重な建物のようです。
ここの2階の部屋に泊まりました。かわいい!

dresDSC02702.jpg

アパートメントタイプでテラスもあって、
二人と二匹で一泊76ユーロで安い!

犬連れ旅としては床がテラコッタというのも
汚す心配がなくてうれしい。

dresDSC02697.jpg

それぞれお気に入りの椅子をみつけたようです。

dresDSC02698.jpg

朝ごはんはバフェスタイル。こじんまりしていてよかったです。(別料金)

DSC02708.jpg

調度品や食器が和む感じ。ゆったりした気持ちになります。

DSC02710.jpg



ご飯のときは部屋で留守番が我が家の基本だけど、この日は連れていきました。

dresDSC02713.jpg


二人とも良いこにしてましたよ。

dresDSC02714.jpg

ホテルはいつもbooking.comで探すんだけど、オーストリアやドイツでは
ほとんどのホテルでわんこOKです。
予約時に犬がいることを伝えて、
ホテルによっては追加料金を払います。
レストランも自由に連れていけるところが多いです。
わんこの旅行が手軽に行けるのはうれしいです。

今回は新しいクレートを購入して持ってきました。

dresIMG_2661.jpg

ワンタッチで組み立てられるし、持ち運びも簡単なのでよかったです。

dresIMG_2672.jpg

事前練習の様子です。

dresIMG_2673.jpg

かわるがわる入ってましたね。かわいい。
本番では二匹で一緒に入ってもらいましたよ。(^^♪

車内はいつものとおりペットチューブを使っていました。
さらに真夏の旅なので、ドギーカーも積んで、
犬の室内用トイレやら、ちーずの冷凍ごはんやら・・・

もう引っ越しか?というくらいのお荷物ですね~。

                                 つづきます。!(^^)!

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。