「犬はそのままで」と言われて

ブダペストの旅行の二日目のことです。

20180124IMG_5873.jpg

粉雪が舞う感じで気温は2度くらい。

20180124IMG_5858.jpg

街中をぶらぶらしてたら、いい感じのおじさんがいたので・・・

20180124DSC03084.jpg

銅像に犬のリードを括り付けて、ゆっくりと写真を撮っていたら、
少し離れたところでカメラを持って立っている若い女性がふたり。

「ああ、ごめんなさい。」と言ってあわてて、
ちーずとオレオのリードを外そうとすると・・・

「あなたの犬をそのままにしておいて」と言われました。(笑)

うちの子とおじさんと一緒に写真撮りたかったらしい。
旅の途中で 犬好きの人たちに会うのは楽しい。

 銅像 Szarvas Gábor (誰なのかよくわからない)

20180124IMG_5857.jpg


聖イシュトバーン大聖堂

20180124ORG_DSC03073.jpeg

20180124ORG_DSC03074.jpeg

今回、ブダペストで行きたかったところは 西駅
エッフェル塔を設計した会社が作ったんだって。

20180124DSC03100.jpg

真ん中のガラス張りのところがホームです。

新型の電車があるかと思えば、

20180123IMG_5641.jpg

右側にはすっごい古い車両も。

20180124IMG_5644.jpg

その後
車で橋を渡って、さらにケーブルカーの乗って、
ブダ王宮を観に行きましたが・・・


20180123IMG_5870.jpg

寒さに弱いちーずさん、あんよが冷たいそうで、
ずっとだっこ。
マフラーも貸してあげて何とか。

20180124IMG_5707.jpg

王宮の丘 漁夫の砦

20180124ORG_DSC03117.jpeg

雪景色もすてき。


今回はパプリカをお土産に買って帰りたかったけど、
ちーず様が寒くて耐えられないと言うのでチラ見して終わり。

20180124ORG_DSC03110.jpeg

去年来たときも思ったけど、
ブダペストで出会う人は犬好きが多いなぁ。
わんこさんもとってもたくさんお散歩してました。

ちーずとオレオもおりこうさんに
ケーブルカーの乗って下山。

20180124ORG_DSC03104.jpeg

寒かったね。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村






わんこと行く Aria Hotel Budapest

娘no.2がウィーンに来たので、
ウィーンから車で3時間弱のブダペストへ夜景を見に行きました。

今回はブダペストの街の中心のホテルにしました。

20180122ORG_DSC03068.jpeg

20180122IMG_5578.jpg

わんこさん達の料金、1泊50€が追加されますが、
さすがの五つ星ホテルでとても清潔な部屋とすばらしいサービスでした。

音楽をテーマにした部屋で、いいスピーカーがバスルームにも。

20180122IMG_5861.jpg


20180122IMG_5860.jpg

ちゃんと犬用のベッドとお水のみ、おやつも(おやつは即没収しました)

20180122IMG_5616.jpg

オレオ、真剣にテレビ見てました(笑)

20180122IMG_5859.jpg

このホテルに予約した時点で、
スパが点検のために使えないので
近くのホテルのスパの無料券と
3コースディナーを無料提供するというメールがきて
「ラッキー!!!!」と喜びました。

そもそもスパを利用する予定もなかったので、
三人分の無料ディナーいただけてうれしい!!

美味しくておしゃべりと食べるのに夢中で
デザートしか写真がありません。

20180122IMG_5614.jpg

肝心の夜景ですが綺麗でしたね~。


20180122IMG_5710.jpg

20180122ORG_DSC03047.jpeg


20180122ORG_DSC03064_20180122180229d81.jpeg


2018O122RG_DSC03062.jpeg

やっぱりブダペストすてきだなぁ。

20180122DSC03042.jpg

ウィーンとブダペスト、プラハはハプスブルク帝国時代の建造物がたくさんあり、
日本人にもとても人気があります。

その三都市の中でもやっぱりブダペストが一番好きかも。
暮らすとなるときっとウィーンが圧倒的に便利だとは思うんだけど。

翌日は王宮の丘に。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

ヴェネツィアで魚介スープ

年末にひどい風邪をひいて、もうどこにも行けないかと思ったけど、
魚介のスープの味が忘れられなくて
行先変更でヴェネツィアまで600キロのドライブ!!

目的地はここ!去年も来たんだけど。

20180108IMG_5458a.jpg

ネクタイがたくさん飾ってある店内

20180108IMG_5455a.jpg

これこれ!これが食べたかったのよ♪

20180108IMG_5489a.jpg

イカ墨パスタも美味しい!


20180108IMG_5493a.jpg


このお店は残念なことに「犬禁止」だったのですが、
ヴェネツィアはほとんどのお店で犬OKです。
(この時だけホテルでお留守番してもらいました)

島には車も入れないのでお散歩していてもリラックスできます。


20180108IMG_5490a.jpg

ゴンドリエーレのお兄さんの歌に興味津々の犬

20180108IMG_5453a.jpg

サンマルコ広場は大潮で冠水してました。



20180108IMG_5447a.jpg

20180108IMG_4664a.jpg

20180108IMG_4671a.jpg

去年に比べたらすごく暖かったです。

20180108aIMG_4648ab.jpg


20180108IMG_5492a.jpg

ヴェネツィアに二泊しましたが、
ただわんことふらふら散歩を楽しみました。

20180108IMG_5452a.jpg

どこを撮っても何となく絵になっちゃうよね。

20180108IMG_5418a.jpg

この落書きいいわね~

20180108IMG_5413a.jpg


20180108IMG_5411a.jpg


20180108IMG_4652a.jpg

20180108IMG_4627a.jpg

夜もきれいだねぇ。

20180108IMG_4682a.jpg

20180108IMG_4681a.jpg

地元のわんこさんたちはノーリードで
のんびり歩いている子が多かったなぁ。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


わんこと行くベルリン その2

さて、ベルリンの夜ごはんは・・・

ホテルの隣にあった韓国レストラン!

berlin2017_07_22_16.jpg

美味しかったわ(涙)
2年半ぶりくらいでしょうか?
やっぱりアジアごはんは美味しいなぁ。

夕食後、ホテルの近くの公園でお散歩。

berlin2017_07_22_13.jpg

夜が長いヨーロッパの夏を楽しんでいますね~。

とてもいい風景なんだけどね、
翌朝、この公園を通ったら、もう、もう、もう
信じられないくらいのゴミの山!
一面のゴミ!
残念だよね・・・。

さて、2日目はベルリンの壁へ行きます。

壁の一部が保存されています。

berlinDSC02819.jpg

berlinDSC02827.jpg

berlinDSC02824.jpg

ベルリンの壁を見た後は
オットが見たいというので
車で通過しただけですが・・・
「チェックポイントチャーリー」の跡。

東西分裂時代のベルリンで、
アメリカ統治側とソ連統治側の検問所だそうです。

berlinDSC02848_201708162048170a8.jpg


berlinDSC02850_201708162048192b8.jpg

ベルリンは他にもたくさん見たいところがあるんだけど、
暑さに弱い犬連れ旅なので、あきらめて帰途へ。

そして、
ベルリンからリンツに帰る途中で立ち寄ったのは、
レーゲンスブルクという古都。

バイエルン地方で最も重要なゴシック建築の大聖堂。

berlinDSC02901a.jpg

ステンドグラスもすばらしい。

berlinDSC02906a.jpg

でも、でも・・・この街で行くべきところは・・・

berlinDSC02885a.jpg

ドナウ川畔にあるドイツ最古のソーセージ屋さん。(本当か?)

11世紀に石橋を建設するときに飯場として造られた歴史的なソーセージ屋さんなんだって。


うだるような暑さの中、炭火で焼いてましたよ。

berlinDSC02895a.jpg

berlinDSC02887a.jpg


berlinDSC02886a.jpg

ごく一般的なソーセージとザウアークラウト(9ユーロ)

berlinDSC02894a.jpg

ドナウ川を見ながらだといつもより美味しく感じるかも(笑)

いつものように、
「ソーセージよ、落ちてこい」 と念じる犬と
「暑いから寝るわ」 の犬。
(日陰に入れても、なぜかすぐに日向に出てはぁはぁいうわんこ達)

berlinDSC02892.jpg


夏の旅、
今年も元気にちーずとオレオと行けてよかったな。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

わんこと行くベルリン その1

夏の旅の続きです。

1989年11月9日のベルリンの壁の崩壊

もう十分すぎるくらい大人だった私は
ものすごい衝撃と感動を持ってニュースをみつめてました。

それ以来、一度は来てみたかった都市です。
期待を裏切らず、本当にすてきな街でした。

泊まったアパートは
Gorki apartments
街の中のとても便利な場所で、インテリアもすてきでした。
スタッフもとても感じがよかった。
二人と二匹で136ユーロ。

berlinDSC02835.jpg

ヨーロッパぽい床がすてき。

berlinDSC02795.jpg

わんこのベッドと食器が用意されてました。
こちらでは珍しいサービスかも。

berlinDSC02774.jpg

このベッドで寝ていいよと言われても・・・・
やはり持参したハウスが落ち着きますね。

berlinDSC02838.jpg



berlinDSC02786.jpg

お二人ともすっかりおくつろぎ。

berlin2017_07_22_18.jpg

さて、
まずは統一ドイツの象徴 ブランデンブルグ門へ。

道が混雑してるようなので自家用車ではなく
路面電車と地下鉄で行きます。

ちーずさん、マズルカバーをされて元気なくなってます。

berlinIMG_3656.jpg

リンツでも一応マズルカバーをつけましょうってことに
なってるけど、つけている犬は半数以下かな。

いろいろけっこう緩い感じがリンツのいいところでもあり、
「ないわー」というところでもある(笑)

ドイツは「規則を守る国」っていうイメージがありますね。

オレオは慣れてるから平気。

berlinIMG_3657.jpg


ブランデンブルグ門
1791年にプロイセン王国の凱旋門として建てられたそうです。
東西分裂の時代はこの門をくぐることができなかったそう。

berlinDSC02804.jpg

門の上の女神と馬車カドリガは1806年にナポレオンに奪われたが、
1814年にベルリンに戻ったんだって。

berlinDSC02800.jpg

旧東ドイツの信号機
かわいいです。

berlinDSC02814-horz.jpg

けっこう暑くて、わんこさんお疲れのようなので、
この日は早めにホテルへ戻り、翌朝ベルリンの壁を見に行くことにしました。
                                    
                                    ちょっとだけ続きます。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。