成田でペットホテルを下見する。

やっとちーずとオレオの検疫のための書類がほぼ準備できました。
成田の動物検疫所の方には本当に何度も何度もお電話やメールで
ご指導いただき感謝、感謝です。
お役所が無料でこんなに親切だなんて・・・日本っていい国と思いました。
ああ、それに比べてイギリス大使館の感じ悪いこと~。
電話に出てくれないこと~。

さて、これからイギリスへ犬を連れていく人の参考になればと思い書いておきます。
私もイギリスへわんこを連れていった人のブログを何度も何度も読んだから。
イギリスへわんこを連れていく人の不安な気持ちが少しでもやわらげばいいなと。

必要書類
1.犬の輸出検査申請書 (私はNACCSを利用してネットで提出)
2.狂犬病の予防接種証明書 2回分(日本語)
3.狂犬病の抗体検査証明書(英文)
4.EUフォーム(衛生証明書)
7種混合ワクチンの証明書(日本語)

keneki5ab.jpg

keneki3abc.jpg


keneki2ab.jpg

keneki4ab.jpg


7種混合ワクチンはイギリスへの入国では必要ないのですが、
不測の事態を考えて輸出検査申請書に記載しました。


後は、出発前に近所の獣医さんへ行ってエキノコックスに対する駆虫薬を
飲ませてもらい、衛生証明書にサインをもらうだけ。


2014年12月28日にイギリスへ犬を連れていくために必要な書類に変更があったので
不安が倍増しましたが、何とか・・・何とかゴールが見えてきました。
イギリスにペットを連れて行くための詳細はこちら

さて、出発前日に成田の動物検疫所で検疫を受けたら、
そのままお隣にある日本通運さんにちーずとオレオを預けて
その日はわんこは日本通運さんが斡旋してくれるペットホテル泊。
次に再会できるのがヒースロー空港というプランだったのですが・・・

どうにも、こうにも心配。
オットに電話して訴えるも、
「きっとそれが犬にとって一番負担のないプランなんだよ」って。
そうだろうね。そうだと思うよ。そう・・・だけど。
日本通運さんに電話してどこのホテルを利用するか聞いて、
ネットで調べてみる。
うーーん。よくわかんない。もう不安でたまらない。
そうだ!成田に行こう!見てこよう!
というわけで、車でぶーんと成田へ。

ペットホテルの方はとっても親切そうでした。
成田空港からは少し離れたところにありました。
うん、うん。優しそうな人だね。
でも・・・。

それから成田の動物検疫所の場所を確認。
ちーずとオレオはイギリスのきまりによって貨物としての移動になるので
カーゴエリアなの。

keneki1.jpg

さらに、念のため成田の駐車場に直結しているペットホテルも見学。
フロントはぴかぴかで担当の人もとっても親切。
ペットのお部屋は安全上の理由から見せてもらえないんだって。ふーん。
うん。うん。ここにあずかってもらえば、出発日の早朝に自分でわんこ達を日本通運さんへ
連れていかなければならないけど、少なくとも出発の朝に一度わんこ達に会えるよね・・
健康状態も見たいし・・・ここなら・・・。日本通運さんまで400メートルだから、
歩いていけるし・・・でも、荷物と大きいケージ2個はどうしよう?

やっぱり、だめ・・・ペットホテルはやめよう。
犬と一緒に泊まれるホテルにしよう。
出発の前日は同じ部屋で寝よう。
犬と泊まれるホテルは成田空港から車で10分くらいかかるの。
レンタカーを借りよう。そして、当日の朝、自分でわんこ達を日本通運さんへ預けよう。
私がやろうとしていることは物事をややこしくしてるかもしれないけど・・・
やっぱり、わんこのために自分が一番いいと信じることを選ぼう。
成田空港まで見に来てよかった・・・最善を尽くそう。
後悔したくないからね。
犬と泊まれるホテルの予約を完了して・・・やっとほっとした。

きっとすべては私が心配しすぎなんだろうし、
もっといろんな事を信じていいんだと思うんだけど・・・ね。

keneki6a.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村







該当の記事は見つかりませんでした。