FC2ブログ

オーダーメイドのアレルギー薬

1か月に一度 Cytopointの注射をするちーずさん。

6月17日に二度目の注射してきましたよ。

20190617IMG_6690.jpeg

獣医さんの待合室ではかばんの中で待つのが最近のお気に入りらしい。

予約診療は火曜日と木曜日だけです。
この日は月曜日で、来院した順番に誰でも診療してもらえる日です。

午後の診察時間開始前に病院に着きましたが
すでに4匹の患犬さんが待っていましたよ。

で、診察まで2時間半待ちました。

なぜならとにかく獣医さんが親切、丁寧な説明をしてくださる。
一匹あたり30分以上かかってる計算になります。

今回は前回のアレルギーのテストに基づいて
ちーずだけのためのオーダーメードの薬を作るかどうかと
いうお話をしてくださいました。

アレルギーテストの結果のレポートの後半が
その薬を作るオーダーシートになっていました。

20190628IMG_6750.png


全く副作用がなくて、CYTOPOINTよりもさらに
将来にわたって安全だと考えられるということでした。

しかし、この薬がオランダの会社から冷蔵で獣医さんのところへ届くというシステムなので
日本に帰国した際にはこの薬を続けられないというのが
最大のデメリットでした。

この治療を途中で中断するのは良くないということでした。

それに対して
Cytopoint の場合は例えば注射を打つ間隔があいてしまって
また痒みがでた場合でもその時点でアポキルを服用すれば大丈夫だそうです。
もし日本でCytopoint が使えなくてもアポキルで大丈夫のというのは
やはり安心ですね。

獣医さんに
「いつごろ日本へ本帰国するの?」って聞かれました。
そう、それこそが私が最も知りたいことですよ!!(# ゚Д゚)

何しろ飛行機にちーずとオレオを乗せて日本へ帰らなくてはならない。
刻一刻と犬たちは(もちろん私もだけど)年をとっていく。
帰り道が心配でならない。
考えても仕方ないけど。


いつも仮住まい、ずっとよそ者、出会ってはさよならな友達・・・( ;∀;)


気のせいかちーずの後姿もなんだか寂しそう・・・

20190628IMG_6737.jpeg


でも大丈夫!

20190628IMG_6738.jpeg

「ちーず、どうしたの?」ってオレオが来てくれるもんね。

今日は今日の分をありがとうって生きようね。

20190628IMG_6735.jpeg

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村



だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。
労苦はその日その日に、十分あります。(マタイ6:34)


該当の記事は見つかりませんでした。