踏切の途中で首輪が抜けて!

ちーずの言い分

逃げるつもりなんかなかったんだけど、
キャベツダイエットの成果かちょっと痩せちゃったから、
首輪がすぽって抜けたんだよ。
いくらローカル駅でも、やっぱり駅前だから
すごく車が多くて、
お母さんがすっごい怖い顔で
「まて!まて!まて!ちーず!ちーず!ちーず!」
って連呼するからもう恐ろしくて、
しかも、嫌いな踏切の途中だし、
かんかんって音が鳴り始めて、
お母さんがもっと怖い顔になって、
「ちーず!おいで!」って鬼みたい顔で言うから
パニックになって、一目散に走って逃げて家に先に帰ったよ。
怒られるって思ったけど、お母さん怒らなかったし、
足も拭かないでお家にいれてくれたよ。変なの。





ごま先輩の意見

ちーず、無事に帰れてよかったね。
多分、次の散歩からはハーネスと首輪の両方にリードつけられちゃうよ。
お気の毒だね。




オレオの証言


お母さん、ちょっと油断したよね。僕のことにばかり気をとられてたんだね。
ちーず姉もまだまだ子供なんだから、ちゃんと気をつけてあげてね。







母の反省

寿命確実に3年くらい縮まりました。白髪も100本くらい増えました。 
頭の毛細血管もかなりぷちっていっちゃいました。「マテ」のコマンドは
毎日練習してるつもりでしたが、いざという時にいつものような落ち着いた声で
言うことができずに、ひたすらちーずを怯えさせてしまいました。
かなりへこんだ私です。何事もなくて本当によかった。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://momogomastar2004.blog71.fc2.com/tb.php/191-422f1354
該当の記事は見つかりませんでした。