ロンドンでのオレオの歯の治療

オレオの歯にはそれほど問題がないように思えたけど、
7歳になったら歯石除去はしてもらおうと思ってた。

全身麻酔が、やっぱり気がかりで(安全ですと言われていますが)、
ちょっと先延ばしになってたけど、
下の前歯の歯石と、
奥の歯を磨いたときにたまに血がつくことや、
ちょっとだけ口臭を感じるときもあったので、
決心して歯石除去をお願いした。

当日の朝は絶食。

151209IMG_4035a.jpg

「早く飯をよこせ」と目力で訴えるオレオと
絶食につきあわされるちーず。


9時半に病院にオレオをあずけました。

「血液検査をして結果に問題がなければ
そのまま全身麻酔で歯石除去をします。
もし、抜かなければならない歯があれば抜きます。」
ということでした。

よく読んでから治療内容の同意書にサインしました。

151209IMG_4044a.jpg

夕方5時半にオレオをお迎えにいく予定です。
大丈夫だとわかっていても本当に落ち着かないです。
病院から電話があるしれないから
スマホを放すことができません。

案の定、病院から電話。
「血液検査の結果、そんなに心配する必要がないけれども
 肝臓の数値が少し悪かったので、安全のために○○の点滴をしてから
 歯石除去をするけど了解するか?」というものだった思います。

電話で言われたことを自分が理解してるとは思うけど、不安で不安で仕方なくて、
「今からもう一度病院へ行ってその話を聞いていいですか?
電話では不安です。」とお伝えして、すぐに病院へ。

日本語だったら、なんの問題もないことも
英語だとやっぱり不安。
とりえあず、対面でお話しを聞いて了解。

家にいても、何も手につかないので
オレオとちーずの夕飯を作る。
いつもより野菜を細かく切って・・・

151209IMG_4038a.jpg

鶏もものスープ。

151209IMG_4039a.jpg

かぁちゃんがしてあげれることはこれくらいだしね。

長い時間がすぎて、オレオを迎えに行くと・・・

下の前歯をいくつか抜歯したとのこと。
歯の状態はそんなに悪くないって言われていただけに
かなりショックで、動揺してしまいました。
もちろん、必要なら抜歯するということは納得していたんだけど。

「今晩は鳴いてもそれはふつうのことです。
歯茎は縫ってありますが、歯茎から血が出ても大丈夫。
1週間はやわらかいごはんを食べさせて。
ビスケットとかはだめです。
一日に2回、5日間はお薬を飲ませる。
その後もう一度、病院へ来ること。
明日になってもずっと鳴いているようだったり、
血が止まらないようならすぐ連絡するように。」
とのこと。

151209IMG_4052a.jpg

病院から帰ってきて以来
妙に私によそよそしくて、ちょっと離れたところから
ちろ~って見られていて・・・。
やっぱり、ちょっと信頼関係が悪くなってる?


151209IMG_4047a.jpg


オレオはしっかり晩ごはんも食べてくれたし、
お庭も駆け回っていたけど・・・
時々ぴぃぴぃと鳴いていました。
傷が痛いのでしょうね。
夜、ベッドに入ってからもちょっと鳴いていて、
よしよししながら寝ました。

つい、本当に抜歯するほどだったのかなって
思っちゃったりするけど、いやいや、信じて任せたお医者さんなんだから、
ベストの治療をしてくれたはずと思う。
日本に比べて、イギリスの獣医はすぐ歯を抜くって
聞いたことがあるけど・・・
もし、日本で治療を受けていたら・・・あるいは・・・
いや、いや、これでよかったはず。
考えても仕方ないことを考えてしまい眠れない・・・。

翌日、朝ごはんも食べて、近所をちょっとだけ散歩したら
やっとオレオのしっぽが上がりました。
「オレオ」って声をかけたら
やっとしっぽを振ってくれました。

151209IMG_4055a.jpg

ちゃんと元気にお庭で
「りす」や「かささぎさん」をチェックしてますよ。

151209IMG_4059a.jpg

実はまだ・・・オレオの口の中を見ていません。
オレオもきっとまだ私に口の中を見られたくないだろうし・・・
私もまだ見れません・・・。

お医者さんはちゃんと説明してくれたし、
私もちゃんと納得したし・・・
これでよかったんだと思いたいです。
でも、まだ・・・お口の中は見れない・・・です。

ちなみに夏に抜歯したちーずはその後、
なんの不便も感じていないように生活しています。
ごはんも堅いビスケットも、もちろんレトリーブも。

オレオもすぐに元どおりになると思います。
がんばったね。オレオ。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


7 Comments

イブルイ母 says...""
オレオ君抜歯したのね
頑張りましたね。
お話が出来ないから本当に心配になりますよね、取り敢えず元気な姿見ただけで嬉しくなりますね
美味しいご飯も食べられて良かったね。
傷口ってなかなか見られませんよね痛いのでは~っと思うと背筋がぞぉ~
早く良くなって又楽しい日を過ごしてね。
2015.12.10 11:24 | URL | #G6c7C4cw [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.10 18:45 | | # [edit]
yossi says...""
こんちは!
オレオ君の歯の治療をしたのね。
あんまり、わんこの歯をぬくというイメージがなかったのでちょっとびっくりです。
でも、きっと虫歯があったんだろうから、オレオ君も痛みがなくなったのかな。
我が家は半年に一回、無麻酔で歯石をとってるよ。
2015.12.11 01:18 | URL | #Z5GHyyj6 [edit]
まいま says...""
あら・・オレオさん・・ちょっと大変だったですね。。
分かります分かります。。
自分がいいと思ったはずなんだけど・・なかなか揺れてしまう。。
もしかしたら・・もっと別の方法もあったかも。。って・・思っちゃうよね。。
分かる~~。。

賢いジャックさんは・・ごまママさんが連れて行ったからお口が痛くなったんだ!!
って・・分かってるのね。。
ゴルなんて・・もう止めてお願いだから!!って言うことしても後は考えてないよ~~。。
ただ・・同じ状況に置かれると早く気がついてジタバタしますけれどね。。
耳が悪くなって・・獣医に通ってたすず・・治療が嫌で仕方がない。。
どうやっても・・それをしなければいけないらしい!!と気がついたら・・
先生にゴマすって・・ました(^^ゞ。。

2015.12.11 01:52 | URL | #1CNw9wVk [edit]
ごまママ says..."イブルイクーちゃん母様"
イブちゃんはもっと大変な手術をしたばかりですものね。

お互い、元気に帰ってきてくれて感謝ですよね。

2日たちましたら、すっかり元気になって、
テニスボールを咥えて、遊ぼうよと誘ってきてます。
とりあえず、ほっとしました。
プラス思考でいこうと思います!
2015.12.11 05:21 | URL | #- [edit]
ごまママ says..."yossiさんへ"
犬にはほとんど虫歯はないようです。
問題は歯周病ですね。
オレオは見ためが健康そうだったので
ちょっとショックです。
無麻酔で歯石除去をしてくれるお医者さんがいるのは
すばらしいですね。
2015.12.11 05:23 | URL | #- [edit]
ごまママ says..."まいまさんへ"
私の気持ちをわかっていただけて
本当にうれしいです。

自分なりに十分考えたはずなのに
揺れてしまう。
自分も年を重ねてきたこと、わんこを見送った経験があり、
そのときの自分の決断の色々に
どうしても後悔があったり・・・ね。

今の自分だからこそ揺れてしまう・・・。
結局のところ、毎日、毎日、自分のわんこを
思いっきり愛してあげることしかないよね。
2015.12.11 05:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://momogomastar2004.blog71.fc2.com/tb.php/551-680779af
該当の記事は見つかりませんでした。