「おなかすきました」って言ってくれた。

今月の半ばくらいから、何となくちーずの体調が悪いような気はしてた。
毛艶が悪くなって、何となく動きも鈍いような・・・
お庭に出ると、やたら草を食べたがり・・・
顔色(毛皮だけど)も悪いように感じた。
160131IMG_4970a.jpg
20日の朝ごはんを食べれなかった。
そういうことは前にもあったからあまり気にしてなかった。
そうして、28日の夕・29日の朝と続けて
ごはんを一口も食べなかった。
吐き気がするみたいで、何度もそういうそぶりをする。
ちーずは元々、消化器官はじょうぶじゃないから、
こういう日もあるって頭ではわかっていても、今回は
すごくすごく不安で、やっぱり獣医さんを予約した。
そして、お友達に「通訳」をしてもらいたいとお願いした。
深刻な病状だったら、やっぱり私の英語力ではとても無理。
何だかとても嫌な予感がしたから。
遠くからお友達が来てくださって、一緒に病院へ。
とりあえず血液検査をして、吐き気止めの注射をしてもらいました。
翌日30日に検査結果を聞きに行きました。
幸いなことに血液検査の結果は悪くありませんでした。
深刻な病気の可能性はないようです。
S_3830363594435.jpg
ちーずがごはんを食べない原因ははっきりしないんだけど、
まだ吐き気がおさまらないので
吐き気止めの注射をもう一度してもらい、薬も出してもらう。
「鶏肉と白米」だけのご飯を本当に少しだけ食べさせて様子を見ることに・・・
吐き気止め
S_3830363163410.jpg
経口補水液
S_3830363391701.jpg
この日は
消炎剤や抗生物質やステロイドが処方されるのかなぁと
思っていたので、とても意外だったのですが、
かえって、獣医さんを信頼できるような気がしました。
触診もしっかりしてくれて、お尻の中も見てくれたので
本当に安心しました。
31日の朝、
本当に久々に
「おなかすきました」って言いにきてくれました。
オレオと違って、もともと、めったにごはんを催促しないちーず。
お腹すいたんですけどっていう顔を見て
本当にうれしかった。
吐き気止めを飲ませて1時間たってから
ご飯をこわごわあげてみたら、しっかり食べていて
食器も舐めていた。
160131IMG_4982a.jpg
イギリスでも、獣医さんが考えるおなかに優しい食事は、鶏肉と白米なのか・・・と
妙に感心しました。
病院では缶詰を勧められました。シンプルに鶏肉と白米しか入っていないそう。
でも、それなら自分で作った方がより安心なので、手作りで。
160131IMG_4979a.jpg
〚オレオにはラム肉をトッピング〛
いろいろ、反省するべきところはあります。
ちーずの体重が増加していて
食べすぎだとわかっていたのに そのままにしていたこと。
昔に比べたら、食事が順調だったから、
初めての食材も気軽に与えていたこと。
お庭の草を食べているのをあまり気にしていなかったこと。
こういうことはほかのわんちゃんには
何でもないことだと思うけど、ちーずには負担だって
わかっていたはずなのに・・・
イギリスに来て、ちーずがすごく元気で
なんでも食べれるようになったから・・・
油断してたよね。
まだ、安心はできなくて、ご飯をあげる時間が近づくと
とても不安になるよね。
ちゃんと食べてくれるかなって。
でも、きっと大丈夫。
ただ、ご飯をおいしく食べてくれて、うんちをしてくれる・・・それだけで本当に感謝。
本当にふつうのあたりまえのこと。それが本当に幸せ。
そんな大切なことをすぐ忘れちゃう飼い主。
医療の分野の通訳を専門にしてる犬友が
遠くから駆けつけてきてくださって完璧な通訳をしてくださったことは
もちろん、ひたすら感謝なのですが、
彼女もまた、お腹の弱いわんこの飼い主であり、
日々、わんこの健康と食事に奮闘している方なので、
私の気持ちをよくわかってくださって、寄り添っていただけたことが
本当に本当にありがたかったです。
日本でもイギリスでも・・・
やっぱり私には「わんこ」と「わんこ友達」が宝物です。
病院にはわんこのおもちゃが売っていて、
ちーずが不憫になって、ついおもちゃを買ってあげちゃいましたが・・・
仁義なき犬のオレオに奪われました。
160131IMG_4972a.jpg
IMG_4975a.jpg
ここのところ、私がちーずのことを注視していることを
よくわかってるオレオ。
病院へ連れていかれるちーずにちょっとやきもちも。
ジャックってそういうところ敏感だよね。
そこがまた、かわいいよね。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

10 Comments

シエラ says...""
ちーずちゃん、ごはん食べてくれてよかったです!
ふつうに食べて、ふつうにうんちしてくれるのが1番ですよね。
うちも月に数回ですが、草をムシャムシャたべて吐くことがあります。
(じつは今朝も・・)
そういうときは朝ごはんも食べず・・。
気持ちわるくて食欲がないのでしょうね。
ちーずちゃん、食欲が戻ってきてひと安心です。

イギリスでも、鶏肉と白米のごはんがお腹に優しい食事なんですね。
私も感心してしまいました・・
2016.02.01 09:57 | URL | #- [edit]
ごまママ says..."シエラさんへ"
ノエルちゃんも、ご飯をたべないことがあるんですね。
今まで一緒に暮らしてきた犬で
ご飯を食べなくなっちゃうなんてことを
経験していなくて・・・
そういうときは本当に深刻な状況のときでした。

食べれらない=死んでしまう
という風にすごく怖くなってしまいます。

今朝も食欲はないようですが、
吐き気止めを飲ませてから、何とかほんの少し鶏肉を
食べさせました。
手から一口ずつという状態です。
でも、すごく元気で遊びたがります。
それが救いです。
2016.02.01 17:30 | URL | #- [edit]
まいま says...""
良かったですね・・チーズちゃん。。
U^ェ^Uが具合が悪いときって・・もうドキドキですよね。。
昨年秋に・・まっちゃが具合が悪くなったときは・・ほんとに参りました。。
どこかで炎症が起きてる以外・・ほかの数値は正常で。。

我が家もお腹を壊した時もお粥にチキンでした。。
たまには葛湯も登場しますが。。
これは・・イギリスでも使われてるんだ~~ってちょっと思いました。。

何気ない毎日が幸せなのだと痛感します。。
まだ・・食欲がイマイチなのですか?? 
早く治りますように。。


2016.02.01 21:53 | URL | #1CNw9wVk [edit]
こたまま says...""
ちーずちゃん、ご飯食べられてよかった!と思いましたが
まだ少し、食欲がいまひとつなのですね…。
ままさん、心配なお気持ち、わかります。
コタもご飯を食べない時があったので。(新しいフードがダメだったみたいでした)
ままさんお手製のおなかに優しい鶏肉と白米のご飯、
どうかちーずちゃんがおいしく食べられるようになりますように。

2016.02.02 01:25 | URL | #- [edit]
ごまママ says..."まいまさんへ"
原因がはっきりしないときってあるんですね。

わんこが具合が悪いと・・・朝起きてから、夜寝るまで・・・
ずっとずっと頭の中にもやがかかったような気持になりますよね。

お腹を壊したときは「鶏肉と白米」
イギリスの獣医さんにもそう言われたのはちょっと意外だったりしました。
そういえば、アメリカでもライスかヌードル入りのチキンスープは
病人食っていうイメージだったかもしれません。

今回は、すっかりばくさんのお世話になりました。
本当に心強かったです。
2016.02.02 06:44 | URL | #- [edit]
ごまママ says..."こたままさん"
こたままさん、ありがとうございます。
こたちゃんもそういう時があったんですね。

ちーずは今までも胃腸炎みたいなもので
ごはんが食べれなくなったことはあったのですが、
今回はちょっと長引いています。

ずいぶん痩せてしまい、心配症の飼い主としては
どきどきしてしまいます。

食べてないわりに、すごく元気です。
あと少しできっと食欲も回復すると信じています。
2016.02.02 06:46 | URL | #- [edit]
イブルイ母 says...""
ママ様心配でしたね~
日本語でお話が出来ないって本当に大変ですね、素敵なお友達がいらっしゃって良かったですね。
ち-ずちゃんも少しづつ食べられるようになって
手作りご飯を早く食べた~いって!行って呉れる日が1日も早く来ますように。
オレオちゃん新しいおもちゃ可愛いね~まだ健在かな?
白米と鳥肉の犬用ご飯がイギリスにも有るんですね!
2016.02.02 15:23 | URL | #G6c7C4cw [edit]
ごまママ says..."イブルイクーちゃん母様"
ありがとうございます。

月並みですが、本当に元気でいてくれること以外は
何も望みませんよね。

昨日までは吐き気止めを飲んでからの食事でしたが、
今朝は普通に与えています。
食欲も、もどってきているようですし、
何よりも毛の手触りが全然違います。
バサバサだったのが、しっとりしてきています。

もうちょっとで完治かなと思います。
油断しないようにちょっとずつごはんをあげようと思います。
2016.02.02 17:00 | URL | #- [edit]
けいまま says...""
わかりますわかります。
具合が悪い時は、少し水を飲んだだけでもうれしくって、感謝の気持ちが湧き上がってきます。
人間だったら、自分でどんな具合か説明できるし、それで対処の仕方もわかるけど、ワンコの場合は飼い主が察するしかないのが辛いですね。


オレオ君も肝臓の数値が下がってよかったですね。
血液検査の結果は、自分の結果を聞くより心配。
2016.02.02 17:05 | URL | #- [edit]
ごまママ says..."けいままさんへ"
ありがとうございます。

やはり、わんこの健康では、みんな一喜一憂しているんですね。

今の状態は「空腹」のときは絶好調で、
食後、ちょっと「吐き気」があるような・・・
でも、吐くことはなくて・・・しばらくすると元気に。
胃の調子が悪いのかな・・・

本当にお話ししてくれたらね・・・。
2016.02.02 18:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://momogomastar2004.blog71.fc2.com/tb.php/561-34dfab42
該当の記事は見つかりませんでした。