わんこと行くブダペストその2

ブダペストの街歩きの続きです。

再び、セーチェニーくさり橋。正面から。

budaDSC02451a_201706182319124db.jpg

聖シュテファン大聖堂へ続く道

budaDSC02460a.jpg


budaDSC02461a.jpg



国立歌劇場

budaDSC02519a.jpg


犬をホテルに置いて、オペラ見ようかとも思って・・・
一応、ちゃんとした服と靴を持っていったけど・・・
やっぱり留守番させれなかった・・・わんこ一番、観光2番だもんね。
でも、この日の出し物がバレエだったら・・・留守番させたかも(笑)

ブダペスト中央市場

ジョルナイという陶磁器ブランドのタイルで装飾されているとか。
美しいわ。

budaDSC02503.jpg

やっぱり旅の一番の楽しみは市場。
鶏肉屋って?日本人向け?中国人向け?

budaDSC02496a.jpg

マトリョシカちゃんを買おうと思ってるんだけど・・・
なかなか気に入ったものに出会えない。

budaDSC02488a.jpg



budaDSC02486a.jpg

市場の建物がとにかく情緒があります。

budaDSC02484a.jpg

そして、今回の旅で、私が一番面白かったのが
シナゴーグの内部の見学。


budaIMG_2483a.jpg

男性は帽子をかぶらなくてはいけません。受付で紙のキッパを渡されます。

budaIMG_2475a.jpg

説明をしてくださったのはまだ若いブダペストに住むユダヤ人の方でした。
ナチス時代に虐殺された膨大なユダヤ人の話など、
胸に迫る話が多かったです。


budaIMG_2479a.jpg

トーラー(モーセ五書)
旧約聖書をより近くに感じますね。

budaIMG_2485a.jpg


ニューヨークカフェ。
歴史的なカフェ。
1894年オープン当初は世界一豪華って言われたそうです。

budaDSC02513a.jpg

ひたすら豪華です。観光客しかいないかも。

budaDSC02508a.jpg

budaDSC02511.jpg

さて、三日目は、はずせないでしょ、蚤の市ってことで
エチェリという常設のアンティークショップと言うか、がらくた市というか・・
中欧や東欧のホーロー製品がお目当てだったんだけど、
あまりいいものには出会わなかったな。

でも、犬が大好きって人々にたくさん出会いました。
断っても断っても犬に食べ物をあげようとするおじさんや(笑)
犬と一緒に写真撮りたいという人やら・・・

そして、大きくなったら犬を飼うんだっていう男の子。

お顔を見せれないのが残念でしかたないのですが、
もう、もう、もう、天使のようにかわいい!
犬と子どもの写真って無敵ですね。


budaIMG_2579 (1)a

「まぁ、リード持ってもいいけどね」的なオレオ。

budaIMG_2578a.jpg

ブダペストは本当に魅惑的な建物がたくさんあって、
見るべきところがいっぱいだでした。

でも、空気が良くて、治安がとてもいい田舎のリンツに1年も住んでいると、
「人混み」や「空気の悪さ」に耐えられなくなってるらしく、
何だか息苦しくなりました。

外に出て、リンツの良さを再認識したかな。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


2 Comments

イブルイ母 says...""
本当に素適な所ですね。
日本からはフランスとかイタリアとかへのツア-が多いけど
写真を見たら行ってみたくなりますね~
ち-ずちゃんオレオ君は子供とも仲良くできて偉いね🐶🐶
2017.06.19 10:20 | URL | #- [edit]
ごまママ says..."イブルイクーちゃん母様"
ブダペスト観光は、看板なども英語が併記されているし、
どこでも英語が通じてとても楽でした。

昔はそれはそれは繁栄していたんだろうなと感じました。

でも、やっぱりまだ共産圏だった時代の影みたいなものが
あるかなぁ。

ちーずとオレオは子どもさんは大丈夫なんですけど、
特定の犬種がだめですねぇ。
2017.06.19 16:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://momogomastar2004.blog71.fc2.com/tb.php/644-03480477
該当の記事は見つかりませんでした。