わんこと行くベルリン その1

夏の旅の続きです。

1989年11月9日のベルリンの壁の崩壊

もう十分すぎるくらい大人だった私は
ものすごい衝撃と感動を持ってニュースをみつめてました。

それ以来、一度は来てみたかった都市です。
期待を裏切らず、本当にすてきな街でした。

泊まったアパートは
Gorki apartments
街の中のとても便利な場所で、インテリアもすてきでした。
スタッフもとても感じがよかった。
二人と二匹で136ユーロ。

berlinDSC02835.jpg

ヨーロッパぽい床がすてき。

berlinDSC02795.jpg

わんこのベッドと食器が用意されてました。
こちらでは珍しいサービスかも。

berlinDSC02774.jpg

このベッドで寝ていいよと言われても・・・・
やはり持参したハウスが落ち着きますね。

berlinDSC02838.jpg



berlinDSC02786.jpg

お二人ともすっかりおくつろぎ。

berlin2017_07_22_18.jpg

さて、
まずは統一ドイツの象徴 ブランデンブルグ門へ。

道が混雑してるようなので自家用車ではなく
路面電車と地下鉄で行きます。

ちーずさん、マズルカバーをされて元気なくなってます。

berlinIMG_3656.jpg

リンツでも一応マズルカバーをつけましょうってことに
なってるけど、つけている犬は半数以下かな。

いろいろけっこう緩い感じがリンツのいいところでもあり、
「ないわー」というところでもある(笑)

ドイツは「規則を守る国」っていうイメージがありますね。

オレオは慣れてるから平気。

berlinIMG_3657.jpg


ブランデンブルグ門
1791年にプロイセン王国の凱旋門として建てられたそうです。
東西分裂の時代はこの門をくぐることができなかったそう。

berlinDSC02804.jpg

門の上の女神と馬車カドリガは1806年にナポレオンに奪われたが、
1814年にベルリンに戻ったんだって。

berlinDSC02800.jpg

旧東ドイツの信号機
かわいいです。

berlinDSC02814-horz.jpg

けっこう暑くて、わんこさんお疲れのようなので、
この日は早めにホテルへ戻り、翌朝ベルリンの壁を見に行くことにしました。
                                    
                                    ちょっとだけ続きます。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

2 Comments

イブルイ母 says...""
ヨ-ロッパには城壁や門や今見れば素敵な物が沢山あるけど出来たその当時はどんな感じだったのでしょうね。
素敵なホテルの値段日本なら一人分かな?歴史を勉強しなくてはただボ-って見ててもきっとわぁ~素敵で終わりますよね、
旦那様も勉強中?
ち-ずちゃんオレオ君良い仔で感心🐶🐶
2017.08.15 10:26 | URL | #- [edit]
ごまママ says..."イブルイクーちゃん母様"
高校時代にまじめに世界史のお勉強を
していなかったことを後悔します(汗)

本当ならちゃんと調べてから旅行に行くといいとは
思うのですが、だいたい帰ってきてから
「あの建物の歴史は・・・・」と復習する感じです。

ブログに書いていなければ、
何を見たのかもすぐに忘れてしまってるかもしれません(笑)
2017.08.16 20:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://momogomastar2004.blog71.fc2.com/tb.php/650-2fffe8b3
該当の記事は見つかりませんでした。